寒さが厳しくなってきましたね。

 

年末年始となると、クリスマスから忘年会、お正月に新年会、楽しいイベントが目白押し。

いつもは気をつけている人も、食べ放題飲み放題で楽しんでしまいます。

 

そこにとどめのようにお正月にはおせち料理を食べながら、こたつにみかん。

明日から会社だ!と思った時には、ちょっと体が重いかも。

 

分かっちゃいるけどついつい太ってしまうのが、この正月太りです。

 

という事で今回は、正月太りにならないための予防方法や原因について紹介します。


スポンサーリンク

正月太りの原因と予防策は?むくみが発生する理由や解消法は?

正月太りの原因は?

正月太りと言っても、お正月だけで太ってしまうのではありません。

 

クリスマス前後の忘年会からお正月、新年会にかけての長~いイベントでお正月太りがやってきます。

正月太り 予防
(画像引用元:http://r.gnavi.co.jp

そのイベントにて沢山食べて、お酒を飲んだりとそもそも食事量が多いというのも原因となっています。

 

またお正月のおせち料理には日持ちがするように塩分が多く使われています。

 

飲み過ぎ食べ過ぎで太ってしまう場合と、塩分の取りすぎでむくんで太ってしまう場合がります。

食べ過ぎた!正月太りの予防は?

太るのは、必要以上のカロリーを取ってしまって、消費できなかったカロリーが身体に蓄えられて太るのです。

正月太り 予防
(画像引用元:https://thechange.jp

なのでまずは飲み過ぎ食べ過ぎに注意しましょう。

 

とはいっても、パーティーに行って美味しい料理や飲み物が並んでいるとどうしても食べたくなりますよね。

 

そんな時には、食べ方に注意しましょう。

 

まずは野菜系を食べて、血糖値の上昇が緩やかにして脂肪を溜めにくいようにしましょう。

 

また野菜の多く含まれている食物繊維は、満腹感を感じやすく食べ過ぎを防げます。

 

お正月の食べ物としてポピュラーな黒豆や栗きんとんなどの甘い系はおいしいですが、砂糖がたっぷりと含まれています。

 

おかずではなくデザートと思い、仕上げにちょっとだけ食べるといいですね。

 

ついつい二個三個と食べてしまうお餅ですが、お餅二個のカロリーを消費しようと思うと、60分ウォーキングする必要があります。

 

お正月ならではのお餅ですが、ほどほどにして気をつけましょうね。

スポンサーリンク

むくんだ!正月太りの予防は?

塩分の濃い食事が続いて体がむくんで太ってしまうこともあります。

正月太り 予防
(画像引用元:http://nqf32971.cocolog-nifty.com

寒さで体の代謝が上がらず、リンパの流れが悪くなりむくんでしまうこともあります。

 

その時には、むくみを解消するためにリンパマッサージをしましょう。

 

おなかや下半身を中心にゆっくりとリンパをマッサージすることで、老廃物や塩分、不要な水分が排出されます。

 

それだけですっきりとした体になりますよ。

適度に外出しお正月太りを予防!むくみの原因を抑えて解消!

12月になると既に寒くて外出がおっくうになってきます。

 

我が家もライトアップを見に行こうと思いながらも、風の詰めたさについついコタツにこもってみかんやおやつを食べてしまいます。

 

こんな毎日が続いていると、お正月になる前に太ってしまいますね。

 

食べるのも楽しみですが、いろいろとイベントを見つけて外出しましょう。

食事と運動、バランスよく行うことで正月太りを回避できます。

 

子どもと違って痩せにくくなっている母には、なかなか厳しい課題ですが、一緒に頑張りましょう。

 

せばな~