健康な体を作るのに大切なたんぱく質。

特に良質なたんぱく質は大切と言われますが、良質なたんぱく質とはどんなものでしょうか?

 

ということで今回は、良質なたんぱく質とは何なのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

良質なたんぱく質とは?多い食品・食材は?

良質なたんぱく質とは

良質なたんぱく質とは、体内で作ることのできない必須アミノ酸がバランスよく含まれている食品を指します。

良質なたんぱく質 食材
(画像引用元:https://cp.glico.jp

 

たんぱく質は消化の段階で20種類のアミノ酸に分解されます。

20種類のうちかけているものがあると体内でうまく活用することができません。

特に体内で作りだすことのできない必須アミノ酸が多く含まれているのが良質なたんぱく質と言えます。

 

【必須アミノ酸 9種類(体内で合成できない)】

  • イソロイシン
  • ロイシン
  • メチオニン
  • トリプトファン
  • リジン
  • バリン
  • ヒスチジン
  • トレオニン
  • フェニルアラニン

良質なたんぱく質がバランスよく摂れていないと、せっかく摂った栄養も十分活用することができません。

スポンサーリンク

良質なたんぱく質が多い食品・食材

必須アミノ酸9種類が含まれる割合を示すのが「アミノ酸スコア」で、数値が100に近いほど良質なたんぱく質と言えます。

 

以下に必須アミノ酸数値の高い食品・食材を紹介します。

  • 100 大豆、卵、牛乳、牛肉、鶏肉、豚肉、魚類(アジ、イワシ、カツオ、ブリなど)
  • 91 プロセスチーズ
  • 84 里芋
  • 80 ブロッコリー
  • 68 玄米
  • 65 精米した米
  • 50 ゴマ、アーモンド
  • 44 食パン

良質なたんぱく質 食品
(画像引用元:http://www.bikatsu.jp

アミノ酸スコア100の食品だけを食べていても、栄養バランスは取れません。

スコア100の食品と数値の低い食品も一緒に食べる事で、栄養バランスもとれつつ良質なたんぱく質も摂ることができ、健康な体をキープすることもできます。

 

健康な体を作っていくためには、良質なたんぱく質を含む食品・食材を毎食1.2種類は摂るようにするといいですよ。

良質なたんぱく質の多い食品を食べる!食材で必須アミノ酸を摂取して体作り!

アミノ酸スコアを参考にしながら健康な体作りに役立てて行けたらいいのですが、忙しくて料理できない時もありますよね。

 

そんな時はプロテインがおススメです。

手軽にアミノ酸スコア100の良質なたんぱく質を摂ることができます。

 

プロテインだけというのもあまりよくないので、栄養補給の一種としてプロテインを活用しつつ、栄養バランスのとれた良質なたんぱく質を摂るようにできたらいいですね。

 

みなさんも、体作りのために良質なたんぱく質を取っていきましょう!


【良質なたんぱく質おすすめプロテイン】

HMB-Caとホエイたんぱく質【HMBプロテイン18000】
【HMBプロテイン18000】


せばな~