塩麹が美味しいとブームになっていますが、最近の人気は醤油麹です。

 

そんな、醤油麹はどうやって作るのでしょうか?

また、醤油麹の効果は?

 

ということで今回は、醤油麹の作り方と、その効能を調査したいと思います。

スポンサーリンク

醤油麹を使ったレシピ・作り方は?効能は?

醤油麹の作り方

醤油麹とは、しょう油に米麹を加えて発酵させ熟成させた調味料です。

家庭でも簡単に作ることができますよ。

醤油麹の作り方
(画像引用元:https://taberugo.net

【材料】

  • 米麹   200g
  • しょう油 200㏄

米麹としょう油を同じ分量揃えます。

【作り方】

  1. しょう油と米麹をボールに入れてしっかりと混ぜます。
    ※トロリとするまで混ぜるのがコツ
  2. 清潔な保存容器に入れて常温で1週間熟成させれば完成

 

1日に1回かき混ぜるのがポイントです。

冬場は温度が低いので2週間程度かかる場合もあります。


【ヨーグルトメーカーを使う】

  1. 米麹200g、しょう油300㏄、水50㏄を使います。
  2. 米麹をほぐしてからしょう油を入れて60℃で6時間待てば完成

【炊飯器を使う】

  1. 米麹200g、しょう油300㏄を使います。
  2. 米麹をほぐして、人肌程度に温めたしょう油を加えます。
  3. 蓋をして保温で30分たったら軽く混ぜて、今度は蓋をせずに5時間保温します。
    ※1時間ごとに混ぜるのがコツです。

醤油麹を使ったレシピ

醤油麹の香りを生かすには、そのまま使うのがおススメです。

焼き魚に添えたり、スティック野菜に添えるだけでも旨味がグンとアップします。

即席みそ汁

醤油麹の作り方
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

マグカップに乾燥わかめ、ネギ、小さく切った豆腐など味噌汁の具を入れます。

 

醤油麹とその10倍のお湯を注いで混ぜれば即席みそ汁の完成。

忙しい朝やランチのお供にいいですよ。

 

出汁を取っていなくても醤油麹から旨味がしっかりと出ています。

焼きおにぎり

醤油麹の作り方
(画像引用元:https://marukawamiso.com

おにぎりを握って表面に醤油麹を塗ります。

フライパンやトースターで軽く焦げるまで焼くと香ばしくおいしい焼きおにぎりの完成です。

スポンサーリンク

醤油麹の効能

醤油麹は旨味成分のグルタミン酸が塩麹の10倍も含まれています。

そのため、料理にプラスするだけで旨味をグンとアップさせ、素晴らしい調味料ですがその他にもいろいろな効能があります。

ダイエット効果

醤油麹に含まれているビタミンB2は脂肪を燃焼させる効果があります。

イノシトールは体脂肪が増えるのを妨げる働きもあるので、醤油麹で美味しく食べながらダイエット効果も期待できます。

食材を柔らかくする効果

魚や肉を漬け込むと魚や肉が柔らかくなります。

麹菌に含まれる酵素が働いて素材を柔らかくしてくれます。

減塩効果

しょう油だけを使う場合よりも米麹がプラスされているので分量的には半分で済みます。

使う塩分が半分で済むので、塩分量を気にしている方にはぴったりです。

旨味アップ

グルタミン酸が多く含まれているので、食材に旨味をプラスしてくれます。

他の調味料を減らしても旨味があるので薄味でも美味しく感じられます。

醤油麹を使ったレシピ・作り方は簡単!効能は減塩+旨味アップ!

減塩のために調味料を減らすとどうしても薄味になって物足りなく感じますが、醤油麹なら旨味がアップするので食べても美味しく感じます。

 

さらに醤油麹に含まれる成分でダイエット効果も期待できるなんて素敵ですよね。

 

みなさんも、早速醤油麹を作って料理に活用してみませんか?

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません