先日京都で精進料理の講習会に行ってきました。

野菜を使ったお料理をいろいろ作ったのですが、盛り付けの時です。

 

朱色の器しかなかったのですが、赤っぽい料理を朱色の器に盛ると、なんだかぼんやりして見える。

そこで黒系の器を持ってきて料理を盛ると、色が映えて美味しそうに見えました。

 

同じ料理なのに、器の色によって美味しく見えたり不味そうに見えたりするのでしょうか?

 

ということで今回は、食べ物が美味しく見える色・不味く見える色を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

食べ物が美味しく見える色・不味く見える色とは?

色の不思議

食べ物を食べる時は、口で味わいます。

鼻で臭いも感じますね。

 

しかし人間の感覚の中で、見た目(視覚)はなんと87%もの評価をしめています。

 

つまり美味しそうな料理は見た目87%で評価されているのです。

 

確かに、美味しくなさそうなものは食べにくいですし、評価も下がりますよね。

 

一般的に色は濃いほうが美味しく感じます。

食べ物 色
(画像引用元:http://color-psychology.jp

卵の黄身が濃いほうが美味しく見えますよね。

 

同じ食材でも、色が違うだけで受ける印象が大きく変わるのです。

 

さらに食べ物を美味しく見せるには、反対の色をプラスしましょう。

これを補色効果と言います。

 

お刺身には大葉が添えられることが多いですね。

赤みのお刺身に緑の大葉、緑が赤を引き立てます。

 

ナポリタンパスタにパセリが散らしてあるのも、視覚効果で美味しさをアップさせる工夫です。

スポンサーリンク

食べ物が美味しく見える色・不味く見える色

せっかく食べるのなら、美味しく見える方がいいですよね。

食べてもらう時も美味しく見えて、美味しく食べてもらう方がいいですよね。

 

暖色系(赤や朱色など)は料理をおいしく見せます。

 

グリーンサラダはおいしいですが、そこにトマトがプラスされるとさらに美味しく見えます。

肉じゃがにも人参が入るだけで、美味しそうに見えます。

 

逆においしく見えない、不味そうに見える色が青です

不味く見える 色
(画像引用元:http://ganyoboushop.com

 

じつは自然界には青色の食材はありません。

サバやイワシなど青魚と呼ばれるものでも、実際に青ではないですし、身は白ですよね。

 

人工的に青に染めることは出来ますが、本能的に青は美味しくないと感じてしまうようです。

 

これを逆手にとってダイエットに使う方法もあるようです。

食べ物が美味しく見える色・不味く見える色を理解して更に旨く!

唐揚げにパセリがついていたり、お寿司に緑のバランがついてますよね。

パセリは食べないし、バランはお寿司がくっつかないようにあるのかな、と思っていましたが、美味しく見せるための工夫だったのです。

 

食材だけでなく、お皿の色も食欲につながります。

白系のお皿は食べ物を引き立たせてくれますし、黒系のお皿は高級感を出してくれます。

 

料理と似た色のお皿は、料理が目立たずあまりおいしそうに見えません。

試しに、黄色い皿に乗せた卵焼きと白い皿に乗せた卵焼きを並べてみたら、子どもたちは白い皿の卵焼きを先に食べました。

 

こっちもあるよ、と誘導したのですが、半分ほどで終了。

やっぱり色で食欲が変わるのかな。

残りはちゃんと私がいただきました。

 

みなさんも色に合わせて美味しく食べたり、逆にダイエットのために食欲をわかないように利用しましょう。

 

せばな~