都会で暮らしていると緑が恋しくなりますよね。

部屋の中に緑があるとホッとします。

 

簡単に育てられる観葉植物を買ってみようかな?といろいろ探しているのですが、なんと食べられる観葉植物があるそうです。

 

部屋に癒しを与えるだけでなく、食べることもできるなんて素敵ですよね。

 

ということで今回は、飾ってよし!食べてよしの観葉植物がないか調査したいと思います。


スポンサーリンク

食べられる観葉植物は?食用で食べる!

アロエベラ

観葉植物 食べられる
(画像引用元:http://www.kanyoplant.com

アロエヨーグルトに入っているのが、このアロエベラ。

透明でツルンとした食感が美味しいですよね。

 

表面の皮をピーラーなどで剥きます。両脇にとげがあるので気をつけましょう。

 

適当な大きさに切って3分ほど茹でます。

さっと冷水に取ると、歯ごたえが出て美味しくなります。

 

そのまま食べてもいいですが、ヨーグルトに混ぜたり、サラダに混ぜて食べるといいですね。

 

アロエには血圧を下げる効果や、血管を柔らかくする効果があります。

パパイヤ

観葉植物 食べられる
(画像引用元:http://www.iwaya-hp.com

南国の大木、といったイメージですが、最近では室内で育てられる1Mほどの木があります。

 

室内に緑を与えつつ、花が咲いた後半年くらいで黄色い実を収穫することができます。

 

子どもと一緒にもうすぐ黄色くなるかな?と楽しみに待ってください。

自宅で熟れたパパイヤが取れるってすごいですよね。

パイナップル

観葉植物 食べられる
(画像引用元:http://www.tropicalmarket-toukai.com

パイナップルが丸ごと売っていたらぜひ試していただきたいのが、パイナップル栽培です。

実の上に葉がついていますよね。

 

この部分をカットして土に植えると、パイナップルができます。

 

苗を植えてから2年ほどかかりますが、一度食べたパイナップルからまたパイナップルが取れるってすごくないですか。

 

園芸店で苗があればもう少し早く育つかもしれませんが、観葉植物として気長に育ててみましょう。

ハーブ

観葉植物として売られているものを食べるのか、食べられるハーブを植えて観葉植物として鑑賞するのか。

鶏が先か、卵が先か、のような問題ですね。

 

様々な食べれるハーブがありますので、窓辺におしゃれなプランターを並べて、ハーブを育てて食べましょう

ルッコラ

観葉植物 食べれる
(画像引用元:https://img05.shop-pro.jp

お肉と相性がいいルッコラ。

パセリ

観葉植物 食べれる
(画像引用元:https://pds.exblog.jp

つけあわせに便利です。

育ちすぎたら冷凍して粉末にしてもいいですね。

スポンサーリンク

バジル

観葉植物 食べれる
(画像引用元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

トマトと相性のいいバジル。

ぐんぐん育つので、見ていても楽しいです。

ローズマリー

観葉植物 食べる
(画像引用元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp

とがった葉が特徴的なローズマリー。

煮込み料理には欠かせません。

ミント類

観葉植物 食べる
(画像引用元:http://www.hinoharu.com) 

香りがいいミントは紅茶に使えますし、飾りとしても役立ちます。

食べられる食用の観葉植物を食べて飾る!

部屋に潤いを与えてくれる観葉植物。実がなるのを待つ楽しみもありますね。

 

食べられる観葉植物を育てる場合は、園芸店で食べても大丈夫な品種を選ぶようにしましょう。

もし農薬などがかかっていたら嫌ですからね。

 

我が家ではパイナップルを育て始めましたが、果たして2年後実が取れるかなぁ。

 

みなさんも、飾れて食べれる使い勝手のいい観葉植物を育ててみませんか?

 

せばな~