エコが尊ばれる昨今。

いよいよ食べられる食器なるものが世の中に出てきました。

 

料理を食べた後、その食器まで食べて後には何も残さない。

これぞ究極のエコ、ですね。

 

そんなエコな食べられる食器ですが、どんな食べられる食器があるのでしょうか?

また、食器が食べられるのに危険性は無いのでしょうか?

 

ということで今回は、食べられる食器はどんな物があり、食べれる危険性についても調べて紹介します。


スポンサーリンク

食べられる食器おすすめまとめ!危険性は?

食べられる食器まとめ

【イートレー(eat tray)】


(画像引用元:http://marushige-icecone.com

小麦粉とコーンスターチなどを混ぜて焼いた食べられるお皿。

食べられる食器、イートレーは屋台やイベント会場で人気を集めています。

普段なら捨てられてゴミになる食器も、食べてしまえばお腹も一杯、ゴミはゼロですね。

 

【エディブルテーブルウェア(Edible tableware)】

食べられる 食器
(画像引用元:https://imgc.eximg.jp

食べられる食器の正体は乾パン。

非常食でおなじみの乾パンがおしゃれなボウルになりました。

 

【焼きのりカップ】

食べられる 食器
(画像引用元:https://www.urusube.com

おなじみの焼きのりがカップの形になりました。

ご飯を乗せるだけでお寿司が楽しめます。

お弁当箱に入れるのに便利です。

 

【小麦ブランの食器】

食べられる 食器
(画像引用元:https://image.tabi-labo.com

BIOTRAMは小麦ブランを使って作られています。

強度があるので、カレーなどの液体を入れても大丈夫です。

お皿、ボウル、カラトリーなど種類が豊富なのも素敵ですよね。

海外で人気が出ています。

スポンサーリンク

おすすめ食べられる食器

食べられるお箸

食べられる 食器 おすすめ
(画像引用元:https://www.asahicom.jp

安心で高品質な熊本県産イグサを使った食べられるお箸。

じっくりと低温で焼き上げたイグサ箸はサクッとした食感で食べやすいです。

しかも食物繊維が多いイグサは、1膳食べるだけでサラダ1皿分よりも多くの食物繊維が摂れます。

木村アルミ箔株式会社

食べられる 食器 おすすめ
(画像引用元:http://www.kimura-alumi.co.jp

焼きのりカップを作っているこの会社、その他にも以下のいろいろなカップを作っています。

  • おぼろ昆布の器
  • かつお節の器
  • 大根の器
  • にんじんの器

 

野菜嫌いの子どもでも大根やにんじんの器ならうっかり食べてしまいそう。

かつお節の器は料理に出汁が移ってよりおいしくなりそうですね。

食べられる食器の危険性は?

食器もカラトリーもすべて食べられる素材を使っているので、食べても大丈夫です。

 

食器も食べる事を思えば、不衛生なテーブルなどに乗せるのは止めて、清潔な状態で食べるようにしましょう。

おすすめ食べられる食器で全て美味しく!危険性なし!

エコを意識していろいろなメーカーが食べられる食器を出しています。

どの食器でも言えるのが、美味しくないと続かない。

エコだと分かっていても、不味い食器は食べたくないですよね。

 

試しにイグサの箸を食べてみましたが、汁物を食べた後でもしっかりと形を保っていて硬めのクッキーの様な感じでした。

 

みなさんも、見かけたらぜひ食べられる食器を食べてみてくださいね。

 

せばな~