春めいてきましたね。

春の訪れを知らせる食材と言えば、たけのこ。

 

筍と書くように、本当においしい時期は10日程しかありません。

さらに湯を沸かしてから掘りに行け!というほど鮮度の落ちやすいたけのこです。

 

今回は、そんなたけのこを簡単にできるあく抜きの方法と、美味しいお料理レシピを紹介します。


スポンサーリンク

たけのこの簡単アク抜き方法は?タケノコを使ったお料理は?

水煮のたけのこもありますが、この時期はぜひ皮付きの生たけのこを楽しみましょう。

たけのこ あく抜き
(画像引用元:https://pixabay.com

おいしさが全然違います。

 

掘ってから時間がたつとエグミが出てきます。

掘りたてをもらったり、スーパーで買ってきたら、まずはあく抜きをしましょう。

簡単アク抜き方法

米ぬか

米ぬかがない場合は、米のとぎ汁でも大丈夫です。

 

たけのこの穂先を斜めにカットして、火の通りをよくします。

 

根元も固ければ、切れ目を入れましょう。

鍋に入らない時は、半分に切ってもいいですね。

 

大きめの鍋にたけのこ、たけのこが浸かるくらいの水(米のとぎ汁)、米ぬかをいれます。

たけのこ1本につき、米ぬかは一つかみでOKです。

 

沸騰したら弱火にして、1時間ほど茹でます。

たけのこ あく抜き
(画像引用元:https://kinarino.k-img.com

竹串がすっと入るようになったら完成です。

 

そのまま冷まして、できれば一晩置きましょう。

翌日皮を剥いて、綺麗に洗えば食べられます。

 

皮付きのまま茹でると風味が残って美味しいです。

しかし大きすぎて鍋に入らない時は、剥いてから茹でても構いません。

スポンサーリンク

大根おろし

大根おろしを使ってあく抜きをする方法があります。

 

たけのこ1本につき大根1/3本が目安です。

大根をすりおろして、汁と同じ分量の水、塩小さじ1を加えます。

 

たけのこは皮を剥いて、適当な大きさに切りましょう。

 

先ほどの大根おろしにたけのこを漬けて、2時間待ちます。

たけのこ あく抜き
(画像引用元:http://magazine.shokuikuclub.jp

新鮮なたけのこなら、これだけであくが抜けます。

 

気になる時は、2分ほど茹でるとあくが抜けます。

大根をおろすのは大変ですが、2分茹でるだけなので、手軽ですね。

たけのこ簡単レシピ

たけのこご飯

たけのこと言えば、たけのこご飯ですよね。

たけのこ あく抜き
(画像引用元:https://image.excite.co.jp

たけのこだけを使っても美味しいですが、薄揚げを入れると、コクが出ます。

【材料】

米    3合
たけのこ 適量
薄揚げ  1枚
醤油、みりん 各大さじ4
顆粒だし   大さじ2

【作り方】
たけのこと薄揚げを細くカットします。
いつもの炊飯より調味料の分水を少なくして、炊きます。

メンマ

たけのこが沢山あったら、メンマを作りましょう。

【材料】
たけのこ 適量
ごま油  大さじ1
スープ
・中華スープ 200cc
・醤油    大さじ2
・酒     大さじ1
・みりん   大さじ1
・砂糖    小さじ1

【作り方】
①たけのこを1cm幅でカットします。
②鍋にごま油を入れてたけのこを炒めます。
③スープを入れて煮汁がなくなるまで煮ます。
④ラー油があれば回し入れてると本格的ですね。
⑤冷めたら保存容器に入れて冷蔵庫に入れましょう。

大根や米ぬかで簡単アク抜き!美味しいたけのこ料理を食べよう!

スーパーにたけのこが並ぶとウキウキしてきます。

 

今買うか?どこかから回ってくるのを待つか?

子どもはあまり食べませんが、親は大好きなたけのこです。

 

昨年はたけのこが豊作だったようで、沢山いただきました。

その時に保存に困って作ってみたのが、このメンマです。

ラーメンだけでなく、白ご飯にもピッタリのおかずです。

 

自分で辛さを調整できるのも自家製ならでは。

ぜひ美味しいたけのこを楽しみましょう。

 

せばな~