たけのこは筍と書きます。

 

そして旬とは10日前後のことで、「竹の旬」の字のとおり、たけのこの美味しい時期は一瞬です。

 

採れる時期も短く、ご近所からのいただきものが重なると食べきれないこともあります。

 

そこで今回は、一瞬で時期が過ぎるたけのこを長く美味しく食べるために保存方法を調べてみました。


スポンサーリンク

たけのこの保存方法?冷凍法?

たけのこは掘りだしてすぐに茹でないとエグミが出てきます。

たけのこ 保存
(画像引用元:http://mr-newsman.com

茹でたたけのこを水に漬けて冷蔵庫に入れると、4~5日くらいは保存できます。

水は毎日交換しましょうね。

冷凍の仕方

5日くらいでは使い切れない、もっと長期に保存したい、そんな時は冷凍保存がおススメです。

砂糖を使って冷凍保存

たけのこ 冷凍
(画像引用元:https://i2.wp.com

【材料】

下茹でしたたけのこ 300g
砂糖        大さじ1

 

【作り方】

①下茹でしたたけのこをスライスします。
②ジップロックにたけのこをいれて、砂糖をまん便なくしっかりとまぶします。
③中の空気をしっかりと抜いて冷凍しましょう。
④たけのこの水分が蒸発するのを砂糖が抑えてくれます。

 

砂糖により、たけのこのシャキシャキ感を残したまま冷凍することができるので、解凍しても美味しいたけのこが味わえます。

 

この方法だと1年くらい冷凍保存できるそうです。

 

砂糖がたけのこに染み込んでいるので、調理の時は砂糖控えめでお願いします。

スポンサーリンク

味をつけて冷凍保存

たけのこ 冷凍
(画像引用元:http://blogimg.goo.ne.jp

【材料】

下茹でしたたけのこ 300g
だし汁  300cc
酒、薄口醤油 みりん 各大さじ1
塩    少々

 

【作り方】

①下茹でしたたけのこをスライスします。
②材料を鍋に入れて、弱火でじっくりと炊きます。
③たけのこに味が染み込んだら、そのまま冷まします。
④粗熱が取れたら、水気を切ってパットに広げて冷凍します。
⑤凍ったらジップロックなどに保存しましょう。

 

これで1か月は保存できます。

 

使う時は、凍ったままの状態で料理しましょう。

 

ちょっと手間はかかりますが、下味がついているので使う時に便利です。

たけのこの保存方法・冷凍法で長く美味しく食べる!

下味をつける時間がない時は、砂糖で冷凍保存すると手軽でいいですね。

 

しかし下味をつけたたけのこは便利です。

 

千切りのたけのこは春巻きにすぐ使えますし、サイコロ状のたけのこはたけのこご飯に変身できます。

 

スライスしていると煮物にも使いやすいので、解凍後の料理を考えながら下ごしらえするといいですよ。

 

みなさんも一瞬で過ぎるタケノコを保存して、長く美味しく食べていきましょう!

 

せばな~