春を告げてくれる味覚の1つ、たけのこ。

私の実家の近所のお宅の裏庭にたくさん出るので毎年たくさん頂きます。

 

湯がくのはお手の物と言ってもいいと思うのですが、毎回悩むのがその切り方。

どうやって料理に合わせて切れば良いのでしょうか?

 

ということで今回は、たけのこをお料理に合わせて上手に切る切り方を調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

たけのこレシピに合わせた切り方まとめ!

まずは皮を剥いて皮を利用した料理

茹でる時に皮を付けたままがいいと言う人と、皮を剥いてからでいいと言う人がいるようです。

 

我が家はたくさんいただく事もあって、先に皮を剥いてから茹でますよ。

 

どちらの場合でも、茶色の皮の部分は包丁で切り込みを入れて指を入れるようにして複数枚まとめて剥いてしまいます。

たけのこ 切り方
(画像引用元:http://daiku-san-tk.cocolog-nifty.com

 

剥いた皮は包丁の背で擦って産毛を取って水に1晩着けておくと、おにぎりやちまきを包む「竹の皮」と同様に使うことができます。

たけのこ 切り方
(画像引用元:http://www.livinghiroshima.com

昔懐かしく梅干しを包んで食べるのにも使えます。

姫皮の切り方

茶色の皮を剥いていくとクリーム色に近い「姫皮」に変わっていきます。

たけのこ 切り方
(画像引用元:https://tabetarou.com

姫皮は白髪ネギを作る要領で切ります。

 

茹でたたけのこに縦に切り込みを入れて、めくるように外すことができます。

 

何枚かの姫皮をまとめて千切り・太千切りにして、酢の物や和え物、味噌汁や姫皮煮などに使います。

たけのこ 切り方
(画像引用元:http://www.yamato-soysauce-miso.co.jp

水煮たけのこなどでは既にない事が多いですが、姫皮は実はとても美味しいところ。

ぜひ食べてほしい部分です。

スポンサーリンク

根元の切り方

姫皮を外して円錐状になったたけのこの、根っこに近くて固い部分が「根元」です。

 

表面にボコボコと根っこの元が出ている部分。

ボコボコの部分は大根の皮をむくようなイメージで落とします。

 

固いので注意しながら輪切りにします。

たけのこ 切り方
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

 

輪切りにした筍をステーキにするのも美味しいです。

たけのこ レシピ
(画像引用元:http://blogimg.goo.ne.jp

 

更に、細切りにしたものは中華料理でお馴染みの青椒肉絲にピッタリ!

たけのこ 切り方
(画像引用元:http://mogmag.net

短冊切りにしたものは良く煮て自家製メンマがオススメです。

穂先と中間部の切り方

姫皮・根元を外したたけのこは大きさによって、高さを半分から3等分すると使いやすいです。

たけのこ 切り方
(画像引用元:http://www.aeonretail.jp

更に薪を割るように6?8等分にするか、一口大の乱切りにすれば煮物にピッタリ。

 

薄くスライスすればたけのこご飯や天ぷらなどにもちょうどいい大きさになります。

たけのこ 切り方
(画像引用元:https://www.kyounoryouri.jp

穂先の方は柔らかいので和え物などにも向いています。

たけのこレシピに合わせた切り方で丸ごと使い切る!

皮を剥いたり、あくを抜いたり、面倒だと思われがちなたけのこ。

でも実はそんなに難しくないんです。

 

今回切り方もマスターしたので、更に春が楽しくなりそうです!!

 

みなさんも、たけのこを丸ごと購入して全て料理で使い倒しましょう!

 

せばな~