関西と言えば、粉もの文化で、大阪と言えばたこ焼き。

しかし神戸には明石焼きがあります。

 

どちらも粉もので丸いとよく似た見た目ですが、たこ焼きと明石焼きにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

ということで今回は、たこ焼きと明石焼きの違いについて紹介します。


スポンサーリンク

たこ焼きと明石焼きの違いは?

たこ焼きとは

たこ焼き 明石焼き 違い
(画像引用元:https://www.rino-iroiro.top

【粉】

小麦粉を使います。

 

【具】

たこ焼きというからにはたこは欠かせません。

その他にネギやかつお粉、紅ショウガや天かすなどを入れて味わいがあります。

 

【柔らかさと形】

小麦粉を使うたこ焼きは、丸い形でしっかりと焼きあがります。

爪楊枝でつまんで口に入れることができます。

 

【食べ方】

焼きあがったたこ焼きに、ソースやマヨネーズをかけます。

青のりや粉末のかつお節をかける人もいます。

舟と呼ばれる器に入れたり、皿に載せて、爪楊枝を刺して提供されます。

大阪には1家庭に1台はたこ焼き器があると言われているほど、馴染みのある食べ物です。

明石焼きとは

たこ焼き 明石焼き 違い
(画像引用元:https://www.olive-hitomawashi.com

【粉】

小麦粉とじん粉を使います。

じん粉とは、小麦粉のでんぷんを精製したもので、浮き粉とも呼ばれます。

 

【具】

明石焼きには、たこのぶつ切りだけが入っています。

 

【柔らかさと形】

じん粉が入っているので、ふんわり柔らかく焼きあがります。

焼いているときは丸い形ですが、皿に盛ると半円形のような形になります。

 

【食べ方】

焼きあがった明石焼きをだし汁につけて食べます。

だし汁は冷えているか常温の場合が多く、アツアツの明石焼きを冷まして食べます。

明石焼きは柔らかいので、板の上にひっくり返すようにして型から取り出し、だし汁の入った椀を添えて提供されます。

たこ焼きと明石焼きの違いを知って食べてみよう

大阪の食べ歩きを代表するたこ焼き。町のあちこちで、たこ焼き屋さんを目にします。

 

明石焼きはだし汁につけて食べるので、店の中に入って食べるスタイルが多いようです。

 

我が家では夕飯にたこ焼きを焼いたり、おやつにたこ焼きを買ったりします。

家で焼くときは、チーズやウインナーなど、いろいろなものを入れて焼くのも楽しみです。

 

明石焼きも自宅で焼いて、だし汁に漬けると卵のおいしさがよく分かります。

 

たまには家でたこ焼きや明石焼きを焼いてみませんか?

 

せばな~