皆さん何かのアレルギーを発症した、または発症している人はいるでしょうか?

日本で一番アレルギーの原因では卵で約40%の割合を占めています。

 

そんな日本ではアレルギーで原因となることが多い卵ですが、

卵アレルギーの原因は?

卵アレルギーの症状は?

卵アレルギーの予防・対策は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

卵アレルギーの原因は?なるとこんな症状が起きる!対策・予防策はないの?

卵アレルギー 原因

卵アレルギーは食物アレルギーの3大原因物質の一でNo1です。

ちなみに3大原因物質である、他の2つは牛乳、小麦粉となっています。

卵アレルギーの原因は?

人間は外から入ってきた細菌やウイルスに対抗しようと抗体を作ったりと免疫機能が有ります。

しかし、免疫機能が異常に抗体を作ってしまい反応してしまいうのが「アレルギー」です。

 

卵アレルギーの原因は、よほど強い卵アレルギーの人ではない限り、主に卵白で引き起こします。

 

卵白に含まれる「オボアルブミン」「オボムコイド」「リゾチーム」「オボトランスフェリン」という成分がアレルギーを引き起こして、

特に「オボアルブミン」が体内で悪さをしてアトピー性皮膚炎等を引き起こす場合もあります。

 

また他の成分「オボムコイド」は熱に強く、加熱しても除去できいやっいな成分もあります

逆を言えば成分「オボムコイド」でアレルギーを持っていなければ、加熱加工した卵ならアレルギーを引き起こす可能性が低くなります。

卵アレルギーの症状は?

食べてから発症する時間帯、治まるまで、症状は卵アレルギーの種類と自身の抗体の力によって変わります。

 

ひどいもの出れば、食べて数分で呼吸困難や蕁麻疹、咳、痒みが発生する即効性のある反応と

軽い症状であれば湿疹でたりと色んな症状が状況によって出てきます。

 

他にも、下痢や嘔吐、腹痛を起こす人もいるのでひどいようであれば、すぐに病院にいくことをおすすめします。

スポンサーリンク

卵アレルギーの予防・対策は?

赤ちゃんで卵アレルギーが発生した場合は、3歳を超える頃には自然と治っているケースが有ります。

 

年齢をたっても治らない場合は、卵アレルギーとなりえる食物は一切食べないことです。

 

他にの方法では、ある程度体が成長した後に、卵アレルギーが出ない量を少しずつ食べて、増やしていき卵アレルギーの免疫をつけていく「経口免疫療法」というのもあります。

「経口免疫療法」は発症する危険性もありますので医者に相談して慎重に行ったほうがいいです。

卵アレルギーの原因は卵白!人によって症状が違い対策・予防が必要!

卵アレルギーは人によっては症状が異なり、生活に支障をきたすほどの方もいます。

 

基本的には大人になれば治る卵アレルギーですが、それでも治らない場合はかなり制限をかけるか、少しずつ免疫をつけるしかありません。

 

卵は栄養たっぷりですし、沢山の料理に使われているので食べれないとなると結構制限されてキツイと思います。

特に朝食のメニューが制限されそう…

 

皆さんもお子さんがもしくは自分が卵アレルギーの場合は気をつけてください。

 

せばな~