先日かごに入ったちょっとお高い卵をいただきました。

卵かけご飯に適した、生食に適した卵、と言うことで、黄身の色も濃く、味も濃厚でした。

 

普段食べている卵は黄身の色が薄いのですが、黄身の色はどうして違うのでしょうか?

 

ということで今回は、卵の黄身の色の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

卵の黄身の色の違いは?

卵の黄身の色の違いは、食べるエサの違いです。

 

米を食べさせると白い黄身の卵ができます。

とうもろこしを食べさせると、黄色い黄身の卵ができます。

卵 黄身 違い
(画像引用元:https://shop.ponits.jp

 

とうもろこしに含まれるカロテノイド色素により、卵の黄身の色が変わってきます。

 

今鶏のエサの主流はとうもろこしなので、薄い黄色の君の卵が多くなっています。

 

黄色を濃くするために、パプリカやマリーゴールドなどをエサに入れる場合もあります。

 

消費者が濃い黄色の卵のほうが栄養がある、と思っているようなので、生産者は卵の黄身の色を濃くしようと努力しているのです。

スポンサーリンク

栄養の違いは?

実は、黄身の色が違っても、栄養に違いはありません。

 

食べているエサの配合や種類によって、黄身の色は濃くなったり薄くなったりします。

 

私達が色の濃い黄身のほうが美味しそう、栄養がありそう、と感じているだけなのです。

 

また色の濃いパプリカやニンジンなどを飼料に加えて、黄身の色を濃くさせている卵もあります。この場合は野菜に含まれているビタミンなどの栄養素も卵に含まれるので、栄養がやや高くなっている場合があります。

 

パッケージなどで栄養価をうたっているので、分かりやすいですね。

卵の黄身の色の違いはエサの違い

黄身は黄色いもの、と思っていましたが、米を食べた鶏の卵は黄身が白いんですね。

 

まだ見たことないですが、割った時に黄身が白いと衝撃的だろうなぁ。

 

イメージ的に濃い黄色の黄身が美味しい、栄養価が高いと思っていましたが、そうではありません。

 

野放しにして好きな餌を食べている鶏の卵の黄身は季節によって色にばらつきがあるようです。

 

いろいろな卵を買ってきて、色の違いを比較してみるのも面白そうですね。

 

せばな~