なんだかお腹の調子が良くないけど、特別な原因がわからない、という方はいませんか?

 

実は玉ねぎが原因で下痢になる場合があります。

 

そんな、玉ねぎで腹痛や下痢の原因を調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

玉ねぎで下痢になるのはなぜ?対処法は?

玉ねぎが原因で下痢に?!

玉ねぎ 下痢になる
(画像引用元:https://i0.wp.com

犬を飼っている方は「玉ねぎを食べると食中毒を起こすので食べさせてはいけない」という情報を目にした事があると思います。

 

実は玉ねぎなどに多く含まれている「硫化アリル」という成分は犬の体内では分解するのが難しいのです。

 

人間の場合は消化酵素が硫化アリルを分解してくれるので、玉ねぎを食べても大丈夫なのです。

 

ところが、人間の中にもこの消化酵素が少ない体質の人がいて、下痢を引き起こす場合があります。

 

最近ではこの体質の人は「玉ねぎアレルギー」だと診断されます。

この「玉ねぎアレルギー」の主な症状としては腹痛・下痢・吐き気・嘔吐・頭痛などです。

 

また、硫化アリルが消化されるときに分解された結果生成される「アリシン」という成分も胃を刺激します。

 

新玉ねぎの時期などに、体にいいからと玉ねぎサラダを食べ過ぎた時などに起こる腹痛・下痢はアリシンのせいかもしれません。

これも、主な症状は胃痛・腹痛・下痢などです。

スポンサーリンク

玉ねぎで下痢の対策方法は?

 

食べ過ぎによる腹痛や下痢に対しては、食べ過ぎないのが一番の対策です。

 

摂取量の目安は玉ねぎなら1日に50gだそうです。

 

玉ねぎ意外にも、ニンニク・ニラ・長ネギ・らっきょうなどにもアリシンや硫化アリルが含まれています。

 

玉ねぎは少しだから大丈夫と思わずに全体的な量を考えて食べるようにしましょう。

 

アレルギーの人は残念ながら玉ねぎを食べる事はできませんし、重篤な場合は玉ねぎを調理している環境にいるだけでも症状が出る事もあるそうです。

 

ただし、軽度の場合は加熱してある玉ねぎなら食べても大丈夫、などの制約で済む事もあります。

玉ねぎアレルギーの疑いがある場合は病院で相談してみましょう。

玉ねぎで下痢は将来的にもなる!対処しよう!

花粉症やその他の食物アレルギーと同様に、今アレルギー症状がなくても、体内にアレルゲンが蓄積される事によって将来的に発症する事があります。

 

玉ねぎの硫化アリルによるアレルギーや、アリシンによる腹痛などが起こるという知識を持っているといざという時に安心ですね。

 

みなさんも自分の体調をしっかり見つめてみて、いざ気になる症状が起こった時に対処できるようにしましょう。

 

せばな~