寒い日に食べるうどん、美味しいですよね。

ちょっと体調が悪い日でもうどんならツルッと食べられちゃいます。

 

そんなうどんの中で「たぬきうどん」には関東と関西では出てくるうどんが違うそうです。

 

ということで今回は、たぬきうどんの関東と関西の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

たぬきうどんの関西と関東の違いは?

関東の「たぬきうどん」とは?

関東のたぬきうどんは、天かすがのっています

たぬきうどん 関西と関東 違い
(画像引用元:https://storage.tenki.jp

 

江戸時代後半から食べられるようになったたぬきうどん。

天かすがのったうどん=たぬきうどん、として全国的に認知されています。

 

もともと江戸のうどん屋は天かすを無料で提供していました。素うどんに好きなだけ天かすをかけて食べられるのです。

 

しかしある人が天かすを無料で提供するのはもったいない。と考えてうどんに天かすを載せた「たぬきうどん」をメニューとして考案しました。

 

ただ、もともと無料で提供していた天かすを載せただけのたぬきうどん。

料金的には素うどんとあまり変わらない値段設定の店が多いようです。

スポンサーリンク

関西のたぬきうどん

関西のたぬきうどんは、地域によって違います。

 

例えば京都でたぬきうどんを注文すると、「味付けをしていない薄揚げを短冊に切って、九条ネギを散らしたあんかけうどん」が出てきます。

たぬきうどん 関西と関東 違い
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

しょうがを溶いて食べると、体がポカポカと温かくなります。あんかけなので、冷めにくいのもいいですね。

 

次は大阪ではそもそたぬきうどんが無いです。

それどころか大阪では、たぬきそば、もしくはきつねうどんの間違いかと思われてしまいます。

 

薄揚げの乗ったきつねうどんが有名な関西では、きつねにたいしてたぬき。

それなら薄揚げの乗ったそばをたぬきそばと呼ぼう、と定着しました。

たぬきうどん 関西と関東 違い
(画像引用元:https://storage.tenki.jp

 

関東で言う「たぬきうどん」は、関西では「天かすうどん」と呼びます。

たぬきうどんの関西と関東で大違い!

たぬきはそばだと思い込んでいましたが、全国的には天かすの乗ったうどんをたぬきうどんと呼ぶほうが多いなんて意外です。

 

うどん屋さんならどこでもはずれがない、と思っていたのですが関東と関西で呼び名が違うのなら要注意ですね。

 

せばな~