誰もが気になる「体臭」。

自分では体臭に気付いていないだけなのかもしれない…と不安になる事はありませんか?

 

ということで今回は、体臭をきつくする、減らすそれぞれの食べ物を調べてみたのでご紹介します。


スポンサーリンク

体臭が臭い人の原因は?臭くなる食べ物は?改善出来る食材は?

体臭が臭くなる食べ物

もちろん体臭にも様々な原因はありますが、食べ物で体臭をきつくすると言えば動物性の食品です。

体臭 食べ物
(画像引用元:http://josei-bigaku.jp

動物性脂肪が体内の皮脂を増やし、分泌された皮脂が酸化する事で臭いが発生します。

 

肉類、牛乳、チーズ、バター、揚げ物やスナック菓子などが該当しますね。

 

また、夏場に気になるのが汗の臭いですよね。

辛いものを食べて汗をかくと夏の汗と同じ事が起こります。

 

冬だからと辛いものをたくさん食べていると汗臭くなってしまうかも?!

 

更に、口臭の代名詞と言ってもいいニンニクやニラに含まれるアリシンという成分は、血液に流れ込み毛穴からも発散されます。

体臭 食べ物
(画像引用元:http://ikinoclinic.net

食べてから最大16時間はアリシンが体内に残るそうなので、臭いを気にしなくてはいけない時は避けたいですね。

 

同じようにお酒も血中のアセトアルデヒドが毛穴から発散されて臭いを発生します。

スポンサーリンク

体臭を減らす食材

体臭予防に最も効果的なのはリコピンやβカロテンなどの抗酸化物質をたくさん含む緑黄色野菜です。

体臭 原因
(画像引用元:http://yasavia.com

体の中で脂質が酸化するのを防ぐ事で臭いを予防してくれます。

 

動物性脂肪が多く含まれるものを食べるときには、トマトやにんじん、ほうれん草などを一緒に食べると良いですね。

 

汗の臭いが気になる時はレモンや梅干しなどに含まれるクエン酸が汗の臭いの元になるたんぱく質は分解してくれます。

 

更に卵や納豆に多く含まれるビタミンB2、バナナやかつおなどの魚類に多く含まれるビタミンB6は動物性脂肪を分解する効果があります。

 

そして、何よりの予防策は日頃から腸内環境を整えておく事です。

 

食物繊維やオリゴ糖を多く含む食品や発酵食品を日頃から積極的に摂るようにすると良いですね。

体臭が臭い人の原因となる食べ物に気をつけて改善!

体の中から出てくる体臭は自分ではどうしても気付きにくいもの。

日頃から食べるものに気をつけて体臭対策をしておく事はとても大切ですね。

 

善玉菌が豊富で腸内環境が整っていれば体臭以外にも様々なメリットが期待できます。

 

みなさんも腸内環境を整える工夫を取り入れてみてください。

 

せばな~