子どもも大人も大好きな天ぷら。天ぷらは美味しいですよね。

天ぷらうどんも天ぷらそばもステキ、天丼も美味しい。

 

暑いのでデザートにスイカ。夏にぴったりのスイカですが、天ぷらとスイカは食べ合わせが悪い、と聞いたことありませんか?

どちらも美味しいのに、どうして天ぷらとスイカは食べ合わせが悪いのでしょうか?

スイカだけじゃなく、氷水も天ぷらと食べ合わせが悪いようなのですが、どうしてでしょう?

 

ということで今回は、天ぷらに氷水・スイカ食べ合わせが悪い理由を紹介します。


スポンサーリンク

天ぷらに氷水・スイカが食い合わせ悪い理由は?

油を使った天ぷらを消化するためには胃液が必要で時間が掛かるに、スイカや氷水が胃液を薄めるとさらに消化がうまく出来ないため食べ合わせが悪いです。

天ぷら スイカ 食い合わせ
(画像引用元:https://www.rikelab.jp

 

天ぷらは、食材に衣をつけて油で揚げた食べ物で、揚げ物は消化に時間がかかります。

 

そして、消化に必要な胃液が薄まると消化しにくくなるのですが、スイカは水分を多く含みますし、氷水は水なので胃液を薄めます。

 

天ぷらとスイカの食べ合わせが悪い、はよく聞きますが、天ぷらだけでなく油ものとスイカの食べ合わせが悪いです。

つまりフライや唐揚げなども相性が悪いです。

スポンサーリンク

天ぷらと食べ合わせが悪い食べ物

スイカだけでなく、水分が多い食べ物はいろいろあり、やはり水分が多い食べ物も天ぷらと食べ合わせが悪く、消化を妨げます。

 

特にスイカと同じウリ科の植物、キュウリやメロンは要注意です。

 

その他アイスクリームも温かいと冷たい組み合わせで胃に負担がかかるので天ぷらと相性が悪いです。

天ぷらに氷水・スイカが食い合わせは胃に負担で悪い!

天ぷらと氷水、天ぷらとスイカの食べ合わせが悪いのは、水分で胃液が薄まり、天ぷらの消化を邪魔するからです。

 

デザートに一切れ食べる、くらいなら胃液が大きく薄められることはないと思いますが、消化が落ちつく2~3時間くらいはあけるといいですね。

 

天ぷらや揚げ物を食べる前後には、スイカをたっぷり食べない、氷水をたっぷり飲まないようにしましょう。

 

せばな~