先日、地元の市場の一般開放日に遊びに行ってきました。

美味しそうな食材やお料理が並ぶ中でもひときわ目を引くのはやっぱり魚介類!!

 

そんな中で「ちらし寿司」と「海鮮丼」が並んでいてふと気になってしまったこと。

ちらし寿司と海鮮丼てどう違うんだろう?

 

ということで今回は、ちらし寿司と海鮮丼の違いを学んでみたいと思います。

スポンサーリンク

ちらし寿司と海鮮丼の違いは?

ちらし寿司

ちらし寿司は酢飯に様々な具材を合わせて作る、寿司料理の一つです。

五目寿司、ばら寿司などと呼ばれることもあります。

ちらし寿司と海鮮丼の違い
(画像引用元:https://www.sirogohan.com

江戸時代、備前で出された「一汁一菜令」という倹約令をきっかけに、ご飯に食材を混ぜ込んだのが始まりと言われています。

 

地域や家庭によって具材は様々ですが、保存食としての意味合いからも煮〆したエビや魚、火を通した野菜などが使われることがほとんどです。

 

酢飯と一緒に具材をご飯に混ぜ込むことで、保存がきくようになるので行楽のお弁当などに用いられることも多いです。

 

江戸前寿司ちらし寿司に限っては、生の魚介類を上に飾り付けて見栄えを良くしたお料理です。

 

関東地方、特に東京ではちらし寿司に生の魚介を乗せているのも一般的ですが、それ以外の地域では「ちらし寿司」には生の魚介を使うことはあまりないようです。

 

ちらし寿司というとひな祭りに食べるという方も多いと思いますが、ひな祭りにちらし寿司を食べるようになったのは昭和後半になってからなんだそうです。

 

ちらし寿司が食べられるようになったのは江戸時代なのにちょっと意外です。

スポンサーリンク

海鮮丼

海鮮丼とは、魚介の鮮度が売りなので「海鮮」丼です。

海鮮であれば具に決まりはありません。

丼なので盛り方はもちろん、食べ方も自由です。

ちらし寿司と海鮮丼の違い
(画像引用元:https://izuhack.akao-hotel.co.jp

 

海鮮丼は海の幸の宝庫北海道や東北地方で始まったと言われています。

北海道や東北地方の沿岸部では周辺の海で採れる海産物が豊富に採れます。

戦後に、これらの海産物を手軽に食べられるようにと地元の食堂や海産物料理店で出したのが「海鮮丼」だったそうです。

 

江戸前の海鮮ちらし寿司から派生したという説もあるそうです。

一般の食堂や海産物料理店には寿司職人もいませんので、寿司屋独特の「仕事」を施していない生の魚介類が乗り、ご飯も白飯が使われます。

ちらし寿司と海鮮丼の違いは具材?起源も色々諸説あり!

私は関東在住なのでちらし寿司と言われて魚介が乗っているちらし寿司も普通だったのですが、実はこれが普通というわけではなかったんですね。

 

野菜類をご飯に混ぜ込んだちらし寿司も、美味しい魚介類が乗っている海鮮丼も、どちらもとても美味しいことには変わりありませんね。

 

みなさんも、美味しいちらし寿司と海鮮丼を食べてみませんか?

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません