皆さん貝は好きですか?

自分はあさり、シジミがはいったみそ汁が好きで出汁が美味しいですよね!

 

しかし調理してみると、閉じている貝がよく有ります。

閉じた貝は死んでいるから食べてはいけないと言われていますがはたして、そうなのでしょうか?

 

そんな閉じた貝ですが、

本当に食べてはいけないの?

そもそもなんで閉じていると死んでいるの?仕組みは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

閉じた貝は食べれない?なぜ閉じていると死んだと判断できる?開く理由?

貝が開く仕組み!

閉じた貝 食べれる

貝が閉じたり開いたりしているのは貝柱の機能です。

 

貝柱は普段、外敵から身を守るために貝を閉じようと力を入れています。

貝は力を入れないと自然と開いてしまうので、茹でるか・焼いて死ぬ際に貝柱の筋肉が弛緩されて自動的に開いてします。

 

しかし、普通に死んでしまうと、先に貝柱の力が弱らず死後硬直のように閉じたままになってしまいます。

だから口が閉じたままの貝は死んでいると判断されます。

スポンサーリンク

閉じた貝・死んだ貝は食べれる?

死んだ可能性のある、口が閉じた貝は「貝毒」に侵されている可能性があるので食べないことをおすすめします。

 

貝毒は日本では「下痢性貝毒」と「麻痺性貝毒」2つあります。

「下痢性貝毒」は下痢や嘔吐の症状を引き起こし、

「麻痺性貝毒」は呼吸困難を起こして最悪、死に至る危険性が有ります。

 

しかも「貝毒」は加熱処理をしても解消されないので、火を通したら大丈夫が通用しません。

 

ですので、死んだ可能性がある口が閉じた貝はなるべく食べないでください。

まぁ死んだ貝は強烈に臭い臭いを放つので、食べる気も起こさないと思います。

口が閉じてる理由を知って死んだ貝か判断!「貝毒」注意で食べない!

貝が閉じていた理由と仕組みがわかり、死んだ貝の判断が改めて出来るようになった思います。

 

確かに、先に貝柱の力が弱らなければ閉じたままなので、閉じたすべてが死んでいたというわけではありません。

 

しかし死に至る可能性のある「貝毒」に犯される危険性をもってまで食べる必要はないでしょう。

貝は凄く美味しいですが、命をかけることはありません。

もったいないですが閉じた貝は、捨てましょう。

 

皆さんも、貝の口が閉じる仕組みと閉じ貝の身の危険性を知って、安全に美味しく食べてください!

 

せばな~