甘くて冷たくて美味しいソフトクリームですが、難点はすぐに溶けてしまって食べにくいこと。

しかし、近年「溶けないアイスクリーム」が話題になっていることをご存知でしたか?

 

そんな「溶けないアイスクリーム」とはどんなものなのでしょうか?

 

ということで今回は、「溶けないアイスクリーム」の溶けない理由と、その効果を調査したいと思います。


スポンサーリンク

溶けないソフトクリームの理由?ダイエットに効果的?

溶けないソフトクリームとは

溶けないソフトクリームは金座和(かなざわ)アイスと金沢大学が共同で開発した画期的な技術を使ったソフトクリームです。

溶けないアイスクリーム 理由
(画像引用元:https://sociopouch.files.wordpress.com

なんと、火をつけてしまっても溶け出すことはありません。

 

もちろん、溶けないと言っても食品サンプルではなく、危険な添加物をたっぷり使っているわけでもなく、アイスキャンデーのようにガッチガチに固めてあるわけでもありません。

アイスクリームが溶けない理由は?

アイスクリームが溶けない理由は、溶けないアイスクリームに含まれる「イチゴポリフェノール」が水分と油分と結びあって溶けて流れなく柔らかくなるだけです。

溶けないアイスクリーム 理由
(画像引用元:https://news.mynavi.jp

「イチゴポリフェノール」はいちごから抽出したエキスで、食品中の水分と油分の橋渡しをして、分離を防ぐ効果があります。

 

そのため、ソフトクリームの中でもイチゴポリフェノールが水分と油分をしっかり結びつけあって温度が高くなっても溶けて流れてしまうことがありません。

 

そして、時間が経っても普通のソフトクリームのようにダラダラと溶け出すことはなく、プリンのように柔らかくなるだけなんだそうです。

スポンサーリンク

溶けないアイスクリームはダイエット効果も期待できる?

イチゴポリフェノールもワインやチョコレートなどのポリフェノールと同様に抗酸化作用や抗肥満作用といった機能で、健康に良い・ダイエット効果が期待できます。

 

また、金座和アイスの母体となっているバイオセラピー開発研究センターは、本来健康長寿に貢献する天然成分の研究・開発を行っている機関です。

しかも、イチゴポリフェノールを利用した抗肥満剤で特許も取得している、太鼓判付きです。

 

もちろん、溶けないソフトクリームにも砂糖がたくさん使われていて乳脂肪も高いので食べ過ぎては意味がありませんが、普通のソフトクリームを食べるよりは良いでしょう。

溶けないソフトクリームでダイエット効果も!

夏はもちろん冬に食べても美味しいソフトクリーム。

美味しくて健康にも良いソフトクリームなら安心して食べることができます。

 

みなさんも、溶け出さなくて食べやすい上にダイエット効果も期待できる溶けないソフトクリーム、ぜひ食べてみてください。

せばな~