日本のお隣の国、中国と韓国。

どちらもお料理がとても美味しいから好きという方も多いでしょう。

 

そんな中国の代表的な「豆板醤」と韓国の代表的な「コチュジャン」の違いを知っていますか?

 

ということで今回は、豆板醤とコチュジャンの違いや代用ができるのかを調べてみたのでご紹介します。


スポンサーリンク

豆板醤とコチュジャンの違いは?代用できる?

豆板醤とは

豆板醤(豆瓣醬)は中国四川省が発祥の調味料です。

豆板醤 コチュジャン 違い
(画像引用元:https://cdn.macaro-ni.jp

 

主な材料はそら豆と唐辛子で、それぞれの作り方によって大豆や米などが加わることがあるようです。

 

熟成に1年ほど時間がかかりますが、ご自宅で作る方も多いそうです。

 

日本の味噌に近いものですが、そら豆をまず発芽させてから発酵するのは豆板醤ならではです。

 

もともとははそら豆を発酵させただけのものでしたが、四川料理に合うように唐辛子が加わりから辛味をつけたものが多くなってきました。

 

そら豆の旨味と唐辛子の辛味、程よい塩分が加わります。

 

四川料理はもちろんですが、その他の中華料理にも使われる事も多い万能調味料です。

コチュジャンとは

コチュジャン(고추장/Kochijan)は韓国が発祥の調味料です。

豆板醤 コチュジャン 違い
(画像引用元:https://cdn.macaro-ni.jp

 

主な材料は大豆・もち米麹・韓国唐辛子で、発酵させて作る味噌の一種です。

 

熟成までに半年ほどの期間が必要です。

 

韓国では各ご家庭でキムチ同様にコチュジャンを手作りで作ることが多いそうです。

 

もち米が発酵して強い甘みが出るので甘辛い味になります。

 

お料理に加えることでまろやかな辛味とコクを出すことができます。

 

韓国ではお醤油の代わりに様々なお料理に使われています。

スポンサーリンク

豆板醤とコチュジャンと相互に代用はできる?

豆板醤とコチュジャンは、似ているようで味が大分違うのでそのまま代用するのは難しいです。

 

コチュジャンがない場合、豆板醤に甜麺醤(テンメンジャン)を合わせる事で近い味にする事はできるそうです。

でもコチュジャンは独特の甘みが特徴なので、豆板醤の代わりに使うと味噌の臭みが出て辛味もなく不思議な味になってしまうとか。

 

逆に豆板醤がない時は一味唐辛子とごま油、味噌、醤油などを合わせる事で近い味にすることができるようです。

豆板醤とコチュジャンの違いを知って使い分ける!代用はできるけど…

同じ「味噌」の仲間なのに、中国と韓国、そして日本では全然違う味ができるなんて不思議ですね。

 

ほんの少し加えるだけで、いつもの和食も中華風・韓国風に変身させられる豆板醤とコチュジャン、みなさんも上手に使いこなしていきましょう。

 

せばな~