ここ数年体脂肪が落ちるお茶だったり血圧を下げるお茶だったり、お薬のような効果を売りにしている食品がたくさん販売されています。

 

そもそも食品にはそれぞれのもつ効果や効能があるはずなのですが…

 

そんな中でお薬のような機能のある食品として「トクホ」やら「機能性食品」と名称がありますが、違いは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、「トクホ」と「機能性食品」に違いついて詳しく調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

トクホと機能性食品の違いは?

トクホとは?

「特定保健用食品」の省略がトクホです。

トクホ 機能性食品 違い
(画像引用元:https://image.space.rakuten.co.jp

「体脂肪(中性脂肪)を減らす」「血圧を下げる」など特定の保健の目的の効果が期待できる食品に、「機能性」を表示する事ができる食品です。

 

企業は製品の開発段階で機能性・有効性、安全性を実験検証します。

 

科学的に根拠が実証できた商品を消費者庁の審査にかけて、承認が降りた商品に「トクホ」のマークを付ける事ができます。

トクホ 機能性食品
(画像引用元:http://yakujihou-marketing.net

トクホは消費者庁のお墨付きという意味になりますね。

 

消費者庁によると平成29年6月現在までで1,094の商品が特保の認定を受けています。

スポンサーリンク

機能性食品とは?

正式名称は「機能性表示食品」です。

トクホ 機能性食品
(画像引用元:http://tk.ismcdn.jp

機能性表示食品も、「体脂肪(中性脂肪)を減らす」「血圧を下げる」などといった機能性の表示をする事ができます。

 

機能性食品は消費者庁へ実験検証の結果を含んだ届出は必要ではありますが、審査はありません。

 

つまり、消費者庁に登録はするものの「お墨付き」まではもらっていない食品。

販売する企業が責任を持って科学的根拠を実証します。

 

トクホのようなマークではなく「機能性表示食品」という文字と消費者庁での登録番号の表示がされます。

トクホ 機能性食品
(画像引用元:http://www.foocom.net

2016年3月31日までで310の商品が機能性食品の届け出をしています。

トクホと機能性食品の違いを知って良いものを選ぼう!

他にも栄養補助食品や健康補助食品などなど、食品には様々な表示があります。

 

私たちは自分で表示について学んで、その食品がどんなものでそこに表示されている言葉がどういう意味を持つのかを理解する必要があります。

 

色々な種類があって難しいですが、みなさんも少しずつ学んで自分の体に良いものを選んでみてください。

 

せばな~