体にいい食べ物として機能性食品と呼ばれるものがいろいろとありますね。

 

体にいいものとしてはトクホもありますが、機能性食品とどう違うのでしょうか?

 

ということで今回は、トクホと機能性食品の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

トクホと機能性食品の違い

トクホとは

トクホとは特定保健用食品の略で、国が審査を行う消費者庁許可のマークあり、許可には試験が必要です。

トクホ 機能性食品 違い
(画像引用元:https://www.itoen.co.jp

 

トクホは1991年から始まり、消費者庁が審査して許可が必要です。

 

最終製品でランダム化比較試験(RCT)を受けて、表示の有効性が立証される必要があり、科学的な根拠が必要なのです。

 

「おなかの調子を整える食品」「血圧が高めの方に適する食品」などが特定保健用食品、つまりトクホです。

表示と目的によって商品を選ぶことができます。

スポンサーリンク

機能性食品とは

機能性食品とは、企業の責任で行う消費者庁許可のマークであり、論文や文献を引用すれば製造がOKになるものです。

トクホ 機能性食品 違い
(画像引用元:https://premium.toyokeizai.net

 

機能性食品は2015年から使われるようになった、新しい表示方法です。

 

最終製品で立証実験を行わなくても、文献や論文を引用して、その資料を消費者庁に提出すれば製造販売できるようになりました。

 

また、販売する事業者や団体などは、情報を公開する必要があります。

 

「サプリメント」「加工食品」「生鮮食品」の3つのカテゴリーで、機能性を表示するための科学的根拠が決められています。

トクホも機能性食品も体にいい食品だけど検査基準が違う!

トクホも機能性食品も、健康を維持して元気に暮らしていくことを目的としています。

 

機能性食品は国の検査は受けていませんが、企業が責任を持って研究販売している食品です。

 

トクホはマークがあるので見つけやすいですが、機能性食品は機能を表示しているので、目的別に選びやすいです。

 

私はよくヨーグルトを買いますが、トクホも機能性食品もあって、選ぶのに迷うほどです。

 

表示をしっかりと見て、自分の健康を維持するために上手に普段の生活に取り入れていきたいですね。

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません