夏になると美味しく茂るトマト。

自分の実家でも、家庭菜園でミニトマトを栽培して今が実っていて食べごろです。

 

しかし、いざ食べてみると皮が厚くて硬くて、食べづらい美味しくないとうことはありませんか?

実は自分の実家でもそんな事案が起きています…

 

そんなこんなで今回は、

家庭菜園でトマトの皮が厚くて硬くなる理由・原因は?

固くならない方法は?

固くなったトマトの皮を簡単に剥く方法は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

家庭菜園のトマトの皮が厚くて硬い!固くなる理由・原因は?そんな時は簡単皮むき!

トマト 皮 固い

 

実は家庭菜園向けのトマトは、皮が破けて失敗しないように、育てやすい皮が厚い品種となっています。

 

またトマトは成長スピードによっても、皮の柔らかさが変わります。

トマトをゆっくり成長させると硬くなり、早く大きく成長させると柔らかくなります。

トマトの皮を薄く柔らかくする方法は?

トマトの皮の薄い品種にする

お店に聞いて家庭菜園用でも、トマトの皮の薄い品種を選びます。

 

ただし、皮が薄いので育て方も難易度が上がり、皮が破けないように雨除け等をしなければなりません。

水分を調整して成長スピードアップ

水分を少なくすることで、トマトは甘く育ちますが先ほど言ったとおり、成長スピードが遅くなり、トマトの皮が厚くなります。

 

そのため、水分を多くすると甘くなくリますが、そのぶん成長スピードが早くなり、皮が薄いトマトになります。

 

このように水分を調整して自分好みの美味しいトマトを作りあげることができます。

肥料で成長スピードアップ

今度は肥料や土のと管理をすることで、成長スピードを上げて皮の薄いトマトを作ります。

日によく当てて成長スピードアップ

温度が低いと成長スピードが下がり皮が暑くなります。

 

特に秋ごろになり始めると夜は寒くなるので、日光で当てて成長スピードを上げれるように、日光を遮っている葉を取り除きます。

スポンサーリンク

間引きで栄養を一点集中!

トマトの実が一つの苗に多い場合は、トマトにしっかり栄養をとってもらえるように間引きします。

 

栄養をしっかりとってもらえることで、成長スピードが上がります。

トマトの皮が厚かった!硬い!そんな時は簡単皮むきの方法!

皮を柔らかくする栽培方法をしっても、もう手遅れめんどくさいという方もいると思います。

そんな時は、簡単にトマトの皮をむいて、美味しくトマトを食べてしまいましょう!

火で炙る

トマトに薄く切り込みを入れて、ヘタの部分に串、箸等で差して持ちます。

そして持ったトマトをコンロ等の火で直接表面だけ炙ります。

炙ったらすぐに冷水に入れて、切り込みを入れた部分からむきます。

お湯でむく

炙りと同様で、トマトに薄く切り込みを入れて、ヘタの部分に串、箸等で差して持ちます。

持ったトマトにお湯をさっとかけます。

かけたらすぐに冷水に入れて、切り込みを入れた部分からむきます。

電子レンジでむく

実は上2つの方法は、トマトが剥きづらい原因となっている「ペクチン」を加熱で溶かすことでむきやすくなっています。

 

そのため、同じ方法で切込みを入れて電子レンジに30ほど入れます。

チンしたら冷水に入れて、切り込みを入れた部分からむきます。

家庭菜園のトマトが硬い!栽培で方法で防ぐ?それとも固くても簡単皮むきする?

家庭菜園の場合はそもそも作りやすように皮が厚かったんですね~

 

また家庭菜園程度でガッツリやっている人はいないですから、それはトマトの成長速度は遅くなります。

 

もし頑張りたい人は育てるのが難しい皮の薄い品種を選ぶか、栽培に手を加えるかですね。

面倒な人は、皮が厚くてもいいから育てて、簡単皮むき法でむいて美味しく食べたほうが賢い選択かと

 

みなさんも、栽培で調理方法でトマトを美味しく食べましょう!

 

せばな~