牛肉は高いけど、豚肉はまだ手ごろな値段で食卓に上る機会も多いですよね。

 

いろいろな野菜とも相性のいい豚肉。

これからの季節は鍋には欠かせない食材です。

 

しかし脂肪は身体に悪い、太ってしまう、と思い込んでいませんか?

 

ということで今回は、豚肉の脂肪の栄養効果や効能について紹介します。


スポンサーリンク

豚肉の脂の栄耀は?健康に良い?

ビタミンが豊富な豚肉

豚肉にはビタミンが豊富に含まれています。

古来から滋養強壮に良いと言われている豚肉です。ビタミンには疲労回復やイライラ抑制効果があります。

 

豊富に含まれているビタミンB1は、皮膚の新陳代謝を促し、肌荒れや乾燥を防ぎます。

健康な肌を作りるので女性の味方で、疲労回復にも役立ちます。

 

玉ねぎと一緒に食べると、ビタミンの吸収率が上がります。

ぜひ付け合わせには玉ねぎを使いましょう。

 

ビタミンB12は血を作ります。

植物性の食品からはあまり摂れません。

脳の働きを活発にする効果もあるので、上手に取り入れましょう。

 

ビタミンEも豊富で、血行促進効果、シミなどの肌トラブル解消効果もあります。

 

ダイエットに効果があるのは、カルニチンとアラキドン酸です。

カルニチンは脂肪燃焼を助け、アラキドン酸は満腹感を出すので食べ過ぎを防ぎます。

その結果ダイエットにつながるのです。

 

それだけでなく水溶性のビタミン、ナイアシンが牛肉の2倍以上含まれています。

血行促進と拡張作用があるので、冷え性の人には見逃せない効果ですね。

頭痛や貧血も血行と関係があるので、ぜひ取りましょう。

スポンサーリンク

ビタミン以外の栄養も豊富

豚肉と言えば脂身がたっぷりですね。


(画像引用元:https://kenko.cookpad.com/articles/meals_pigmeat)

敬遠しがちな脂身ですが、コレステロールを低下させる脂肪酸が沢山含まれています。

脳卒中を抑える効果もあるので、適度に取りたいですね。

 

鉄やリン、カリウムも豊富です。

鉄は貧血予防、リンは骨や歯を作る、カリウムは体内の水分バランスを整えるのに必要です。

 

コラーゲンも含まれているので、ダイエットしながらアンチエイジングも期待できます。

豚肉の脂で健康になろう!コレステロール低下と栄養豊富!

特に注目すべきはビタミンB1です。

疲労回復ビタミンと言われるほど素晴らしい効果があります。

美肌効果もあるので、女性には欠かすことができませんね。

 

ビタミンB1を摂りたいときは焼いたり炒めたりすると、効果的に摂取できます。

脂身が気になる人は取り除いたり、脂身の少ない部位を使いましょう。

いろいろな部位ごとに売られている豚肉。

調理方法や取りたい栄養にあわせて利用していきたいですね。

 

夏なら生姜焼きでご飯モリモリ

冬にはお鍋でホカホカ

野菜も一緒に食べて、お肌スベスベ、アンチエイジングも期待して、豚肉を楽しみましょう。

 

せばな~