2017年11月8日放送の「ソレダメ!」にて鶏レバーがハゲると話題になりました。

 

そんな鶏レバーはなぜハゲる要因となってしまうのでしょうか?

また、他にも栄養があって良さそうなのに、ハゲてしまう食べ物は何なのでしょうか?

 

ということで今回は、鶏レバーでハゲる理由と、他にも健康に良さそうでハゲる食べ物は何か調査したいと思います。


スポンサーリンク

鶏レバーでハゲる理由?ナッツ・ドライフルーツでも薄毛になる原因は?

鶏レバーを食べると、ビタミンAの過剰摂取になってしまい、ハゲてしまうようです。

鶏レバー ハゲ
(画像引用元:https://www.m-mart.co.jp

 

ビタミンAは目の健康を保つために必要不可欠なビタミンで、眼精疲労やドライアイを防ぐ効果があります。

 

ところが、ビタミンAを摂りすぎると頭の乾燥や頭皮が固くなったり悪影響を及ぼし、薄毛・抜け毛・細い毛の原因にもなります。

 

そして、0~49歳のビタミンAの1日の摂取推奨量は900マイクログラムですが、鶏レバー1本で4200マイクログラムと4倍以上のオーバーとなります。

 

そのため、鶏レバー1本を食べただけでも、ビタミンAの過剰摂取ということでハゲる可能性があるとのことです。

 

ただし、これも食べ過ぎればハゲる可能性があるということだけですので、たまに食べたりと程々にして鶏レバーを食べるくらいなら問題ないかもしれません。

スポンサーリンク

ナッツやドライフルーツもハゲる

栄養豊富で美容に良いとされているナッツやドライフルーツも高カロリーということで食べ過ぎるとハゲる可能性があるとのことです。

鶏レバー ハゲ
(画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com

 

高カロリーなものを食べすぎると頭皮の皮脂分泌量が増加してしまいます。

 

そして、頭皮の皮脂分泌量が多いと毛穴がつまり新たな髪が生えてくる妨げになったりします。

 

それだけでなく、毛穴が汚れで詰まって毛髪は抜け落ちやすくなると、ハゲ体質になってしまうのです。

鶏レバーでハゲる理由はビタミンA!ナッツ・ドライフルーツと栄養過多は薄毛になる!

鶏レバーを始め、ナッツやドライフルーツ等は栄養が豊富で健康いいというイメージがあります。

 

しかし、食べすぎて栄養過多になってしまうと、逆にハゲたりと悪影響をおよぼす場合もあります。

 

みなさんも、鶏レバーやナッツ等に限らず、栄養があるといって食べすぎず、用量を守っていきましょう。

 

せばな~