ヘルシーで栄養満点なのはわかっていてもなかなか手が出にくいレバー。

その理由は第1にどう使っていいかわからないからです。

 

確かに下処理をどうすればいいのか分からなったりと、使い方に困りますのよね。

 

ということで今回は、そのレバーの中で比較的安価で買える、鶏レバーをお家で美味しく食べるための下処理方法を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

鶏レバーの下処理は簡単?塩水だけで臭みが少ない?選び方は?

鶏レバーの選び方

鶏レバー 下処理
(画像引用元:http://www.preco-item.jp

レバーは鮮度が命と言ってもいい食材。

できるだけ回転の速いお店で、弾力があって表面が滑らかで形が崩れていない物を選ぶと良いそうです。

 

購入したレバーはできるだけすぐに下処理をします。

鶏レバーの下処理

まずはレバーとハツに分けます。

レバーからハツに伸びている筋のレバーに近い部分で切り落とします。

 

ハツの根元から出ている血管と筋を切り取り、縦に切り込みを入れて開いて中に溜まっている血を押し出すように全て出します。

 

ハツ・レバーともに黄色味がかった脂肪を取り除きます。

 

レバーは1口大の削ぎ切りにします。

 

水を張ったボウルにチョロチョロとお水を流し続けながら、ボウルの中でレバーとハツを良く洗います。

 

ヒダのようになっている部分には血が隠れているので指を入れて血を掻き出したり押し出したりすると良いです。

スポンサーリンク

血抜きが一番大事!

レバーに血が残っていると臭みと苦味が出て美味しくないレバーになってしまいます。

 

レバーの血抜き(臭み取り)には牛乳などと言われますが、鶏レバーは比較的臭みが少ないです。

 

そんな鶏レバーの血抜きには塩がオススメです。

 

ボウルにひとつかみのお塩とお水を入れて海水程度の塩水を作り、15~20分ほどレバーを浸けておきます。

鶏レバー 下処理 塩水
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

軽く水洗いして塩分を流したらキッチンペーパーで水分を拭き取ってお料理に使います。

鶏レバーの下処理は塩水で簡単!

鶏レバーはレバーの部分はまだしも、ハツをどう処理していいのかわからず、いつも適当に取ってしまっていました。

 

カロリーが低いのに鉄分だけでなくビタミンやミネラルも豊富な鶏レバー。

比較的お安く買えるので家計にも大助かり!

 

これからはお家で頻出すること間違いなしです!!

 

せばな~