ササミは低カロリーで高たんぱく、ダイエットに最適、とよく言われます。

 

鶏肉の中でも最も低カロリーで、さっとゆでるだけで食べられる手軽さも人気です。

 

しかし、サラダ以外にどうやって食べたらいいのかわからない、という声も聞きます。

 

そこで今回は、ササミの栄養やダイエット方法の注意点とあわせて、ダイエットレシピを紹介します。


スポンサーリンク

ササミのダイエット方法・レシピは?

ささみとは

笹の葉の形に似ていることから「ささみ」と呼ばれる鶏の胸肉の一部です。

ササミ ダイエット
(画像引用元:http://rakuyase-diet.jp

加熱してもしっとりとして柔らかいので、美味しいと人気のある部分です。

 

ダイエットに向いている、と聞くと低カロリーで栄養が少ないと思われそうですが、ササミは実に栄養豊富です。

 

たんぱく質や鉄分、カルシウムやナトリウム、各種ビタミンなどダイエット中でも重要な栄養素がぎっしり。

健康的にダイエットすることができます。

ササミダイエットの方法

普段の食事にササミをプラスするのではなく、3食のうちの1食をササミに置き換えましょう。

ササミ ダイエット
(画像引用元:http://getbeauty.jp

ササミ1本は約45kcalです。

よく噛んで3本食べると結構な満腹感があります。

 

さらに野菜を一緒に食べることで、栄養バランスが良くなります。

 

温野菜と一緒に食べる、豆腐などの大豆食品と一緒に食べる、これだけでOKです。

 

ササミ3本と野菜を一緒に食べても、300kacl前後です。

 

1食置き換えるだけなので、さほどストレスなくダイエットすることができます。

 

欲張って3食ともササミダイエットにすると、体に必要な栄養素が十分に取れずよくありません。

 

1食置き換えで健康にダイエットしましょう。

美味しいササミの茹で方

ササミのうまみをしっかりと引き出して、美味しく食べましょう。

ササミ ダイエット
(画像引用元:http://blog-imgs-67.fc2.com

フライパンにササミを並べます。

塩一つまみ、酒大さじ2を振りかけます。

ササミが浸るくらいのお湯を入れて、沸騰したら火を止めます。

蓋をして冷めるまで待ちましょう。

 

これでふっくらとしたササミの完成です。

ササミレシピ

ササミサラダ

たっぷりの生野菜に、蒸して裂いたササミを散らせます。

ササミ ダイエット方法
(画像引用元:http://blogimg.goo.ne.jp

ノンオイルのドレッシングをたっぷりかけていただきましょう。

 

温野菜と一緒に食べると体もホカホカします。

かぼちゃ、大根、ニンジンなど家にある野菜を蒸しましょう。

 

豆腐の上に蒸して裂いたササミとネギをトッピング。

梅ペーストをのせて一緒に食べればさっぱりします。

ササミフライ

お弁当のおかずにもなる、ササミフライを作りましょう。

ササミ ダイエット
(画像引用元:http://asset.recipe-blog.jp

ササミを開いて平らに伸ばします。

塩胡椒をして大葉とチーズをのせます。

端からくるくるっと包み込みます。

小麦粉、卵液、パン粉をつけて180℃の油で揚げます。

 

大葉の代わりにバジルなどのハーブを使ってもいいですね。

斜めにカットすると、断面がきれいです。

スポンサーリンク

ササミのボイル焼き

加熱しすぎるとパサパサするササミ。

ホイルで包んで蒸し焼きにしましょう。

ササミ ダイエット
(画像引用元:http://b-log-b-log.c.blog.so-net.ne.jp

ササミをそぎきりにします。

玉ねぎ、にんじん、ピーマンを食べやすく細く切ります。

しめじやえのきはほぐします。

アルミホイルに材料を入れ、酒少々、塩胡椒して包み込みます。

オーブンで約15分焼いて火が通ったら完成です。

 

魚焼きグリルでもうまく出来ました。

正しいササミダイエット方法で美味しいレシピで楽しく痩せよう!

ササミダイエットで痩せた、と聞くと私も頑張ろう!と前向きな気持ちになりますね。

 

1食を置き換えるだけでダイエットできるのが、ササミの素晴らしいところです。

 

あとの2食は普段通りの食事でいいのですが、食べ過ぎては意味がありません。

 

栄養バランスを整えるためにも、いろいろな食材をバランスよく摂るように意識しましょう。

 

最近ササミが多いね、と子どもに指摘されましたが、しばらくは私もササミダイエットに挑戦していきます。

 

せばな~