夏から秋にかけて美味しい食べ物の1つ、冬瓜。

実は美容と健康にすごい効果のある食材だとご存知でしたか?

 

いったい、どれほど冬瓜は栄養豊富で、どんな効果があるのでしょうか?

 

ということで今回は、冬瓜の栄養と調理方法をご紹介します。


スポンサーリンク

冬瓜の栄養・効能は?下処理・調理方法は?

冬瓜とは?

冬瓜はウリ科トウガン属のつる性植物の身です。

冬瓜 下処理
(画像引用元:https://www.kyounoryouri.jp

冬という漢字が使われているので冬が旬と思われがちですが夏が旬。

「丸ごと保存すると冬まで持つ」という意味から冬瓜という名前がついています。

 

地域によって呼び名が様々で、加茂瓜(かもうり)、シブリ、大長などと呼ぶ所もあるようです。

冬瓜の栄養効果は?

冬瓜は体を冷やしたり、むくみを解消する効果が高いお野菜です。

 

その95%が水分ですが、カリウムと水溶性食物繊維がたっぷりと含まれています。

 

このため、むくみや便秘の改善には最適と言われています。

冬瓜 栄養 効能
(画像引用元:https://image.tcmwiki.com

カリウムがナトリウムの排出を助けるので血圧も下げてくれます。

 

夏バテはカリウム不足が原因とも言われていますので、冬瓜を食べる事で夏バテの解消もできますね。

 

また、中国の薬学書に「痩せたい人は食べ続けること、太りたい人は食べてはいけない」と書かれている冬瓜。

カロリーが低く、サポニンという成分が糖や余分な脂肪の吸収・蓄積を抑える働きも発見されています。

 

更にこのサポニンという成分には免疫力を向上する作用があり、冬瓜にはビタミンCも豊富に含まれているので風邪や病気の予防はもちろん、動脈硬化や肝機能低下を防止する効果も期待できます。

スポンサーリンク

冬瓜の下処理・調理方法

スイカのような風貌で、普段使わないお野菜だとどう扱っていいかわかりませんよね。

 

冬瓜は丸のままであれば野菜室などの涼しい場所で3ヶ月ほど保存が可能です。

 

調理する時は縦・横で4等分にしてからタネとワタを除きます。

 

冬瓜を立てて濃い皮だけを少し厚めに剥いて薄い緑の部分を残すと煮崩れしにくくなります。

 

皮を剥いた所に縦・横1~2mm程度の深さまで隠し包丁を入れておくと味が入りやすくなります。

 

塩水に10分くらい浸けるか、熱湯で軽く茹でてアクを抜きます。

この状態で冷凍保存も可能です。

 

たっぷりのお出汁で煮込んだり、お肉と甘辛く煮付けたり、サッパリとした梅煮やスープも美味しいですね。

冬瓜の栄養・効能を味わおう!下処理をしっかりして美味しく食べよう!

核家庭では冬瓜1つ丸ごとは食べきれないので見かけても買うことが少ない冬瓜。

 

でも夏バテにもダイエットにも美肌にも病気にもいいなんて、食べないのがもったいないですね!

 

冷凍保存もできるなら何度かに分けて使う事もできるので、冬瓜が身近に感じてきました。

 

せばな~