ダイエットには脂肪を燃焼させよう、唐辛子のカプサイシンで脂肪を燃焼させよう、とよく聞きますね。

食べると汗が噴き出て体によさそうな唐辛子。

本当に唐辛子でダイエットできるのでしょうか?

辛さによる危険性はないのでしょうか?

今回は唐辛子で

脂肪燃焼できるのか?

その危険性について

おすすめのトウガラシレシピは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

唐辛子ダイエットで痩せた?レシピや危険性はないの?

唐辛子の成分、効能

唐辛子 ダイエット
(画像引用元:https://kotobank.jp/word/トウガラシ-769845)

辛み成分のカプサイシンは、アドレナリンの分泌を促します。

アドレナリンが分泌されると、体温が上がり代謝も上がります。

脂肪をエネルギーにかえることが出来るのですね。

 

辛い物を食べると汗が出たり体が熱くなるのは、このアドレナリンのせいなのです。

このシステムを利用したのが、唐辛子ダイエットです。

 

唐辛子を食べることで汗が出ますが、それだけでは痩せません。

脂肪をエネルギーにかえることが出来るのですが、そのエネルギーを運動で消費する必要があります。

 

唐辛子を使った料理を食べて、有酸素運動をする。

その結果ダイエットが出来るのです。

 

有酸素運動と言えば、水泳やウォーキング、ジョギングなどですね。

唐辛子を食べてから2~4時間後に有酸素運動をすると、脂肪の燃焼が効果的に行われます。

唐辛子の危険性は?

唐辛子などの辛い食品を食べた後に、おなかが痛くなった経験はありませんか?

少量なら胃腸を刺激して発汗を促すカプサイシンですが、大量に取ると逆に胃腸に負担をかけてしまいます。

自分の適量を見極めたり、空腹時にいきなり辛い物を食べるのは避けましょう。

 

日常的に辛い食品を摂っていると味覚が鈍ることもあります。

下の繊細な味蕾(みらい)が壊れてしまうのですね。

何事も過ぎると体に負担をかけてしまいます。体調の悪い時には唐辛子を控える方がいいでしょう。

おススメ唐辛子レシピ

唐辛子だけを食べるのは辛すぎるので、いつもの料理にちょっと唐辛子を加えてみましょう。

スポンサーリンク

●豆腐と豚肉のチゲ鍋
お鍋だけでも体がポカポカしますが、さらにカプサイシンでポカポカです。

●スパイシーチキン
いつものチキンに唐辛子パウダーを振りかけましょう。焼くだけで簡単。

●食べるラー油
市販のラー油に唐辛子をトッピング。

その他、いつものラーメンに唐辛子を入れたり、春雨スープに混ぜたりと、こまめに使うといいですね。

唐辛子ダイエットで痩せる効果倍増!

唐辛子を食べるだけで脂肪が燃焼するわけではありません。

脂肪をエネルギーに変えて、消費しやすくするのです。

運動を組み合わせることで、ヘルシーにダイエットしていきましょう。

 

午前中に唐辛子を食べて、午後からウォーキングで脂肪燃焼。正月太りを避けるために、私も実践してみようかな。

くれぐれも唐辛子の食べ過ぎには気をつけてくださいね。

 

せばな~