糖尿病ってなんとなく勘違いされている病気のように感じるのは私だけでしょうか?

 

糖=砂糖、だから砂糖を摂ってはいけないとか。

美味しいものを食べて贅沢すると糖尿病になるとか。

 

確かに砂糖を摂ると血糖値が上がるのでよくありませんが、それ以外にも血糖値をあげる食品があります。

 

砂糖を摂るのが良くないのではなく、血糖値が上がりすぎないようにコントロールすることが重要なんですね。

 

ということで今回は、糖尿病を予防するための食事やおやつについて紹介します。


スポンサーリンク

糖尿病を予防する食事・おやつは?

糖尿病とは

誰でも食事をすれば血糖値が上がります。

糖尿病 食事
(画像引用元:http://ketutou.up.seesaa.net

健康な人でも食事をすれば血糖値は上がります。

しかし体内でインスリンが働いて、上がった血糖値は下がります。

 

膵臓で作られるインスリンの量が少なかったり、働きが十分でないと血液中の糖分濃度が下がりません。

 

この状態が長く続くと糖尿病と呼ばれるのです。

 

インスリンの働きが十分でないのなら、血液中の糖分濃度をあげすぎないようにする必要があります。

糖尿病を予防する食事は?

食事の際にご飯や肉などから食べ始めると、急激に血糖値が上がります。

ゆっくりしっかりと噛んで食べすぎを防ぎましょう。

 

そこで、野菜や豆類などから食べ始めると、血糖値の急上昇を抑えることができます。

葉物野菜は抗酸化ビタミンや食物繊維も多く、血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

また大豆に含まれる大豆イソフラボンは、インスリンの働きをよくするので糖尿病の予防に役立つと言われています。

豆腐や納豆など、大豆製品をとりいれるようにしましょう。

 

他にも魚に含まれるEPAやDHAもインスリンの働きをよくします。

アジやイワシ、サンマやサバなどの馴染みのある魚がおススメです。

スポンサーリンク

おやつで糖尿病対策?

疲れた時などはおやつが欲しくなりますよね。

糖尿病予備軍の人でもそれは同じです。

 

夕方や夜に食べると体に負担になるので、活発に活動している午前中や昼過ぎなど早い時間に食べるようにしましょう。

 

砂糖を多く使ったスイーツはどうしても血糖値をあげてしまいます。

ヨーグルトや果物、砂糖不使用のチョコレートなどがおススメです。

 

最近では糖質コントロールのスイーツも市販されています。

 

 

また、コンビニでも手に入る手軽なスイーツを上手に取り入れましょう。

糖尿病を予防する食事は食べすぎない!おやつも食べて糖質制限!

糖尿病を予防するからと言って、野菜でも魚でも食べすぎはよくありません。

 

いろいろな食材をバランスよく、腹八分目に食べることで血糖値の上昇を抑えることができます。

 

揚げ物より焼き物、蒸し物など油を摂りすぎないことも重要です。

 

野菜、特に葉物野菜をよく食べると糖尿病のリスクが減少すると言われています。

 

さっそく我が家の食卓にも葉物野菜を取り入れなくっちゃ。

作りやすいのはお浸し?お鍋もよさそうですね。

 

みなさんも上手に血糖値の上昇を抑えて糖尿病予防の食事をしましょう。

 

せばな~