和菓子と言えばあんこ。

甘くておいしいですよね。

 

あんこと言えば「つぶあん」と「こしあん」がありますが、栄養やカロリーの面では何か違いがあるのでしょうか?

 

ということで今回は、つぶあんとこしあんの栄養・カロリーの違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

つぶあんとこしあんの栄養・カロリーの違いは?

つぶあんとこしあんの栄養の違い

つぶあんにはむくみ解消に役立つサポニンが含まれ、こしあんには、サポニンはないが小豆の栄養はたっぷり含まれています。

 

つぶあんもこしあんも小豆と砂糖で作られているので、栄養はほとんど同じですが、つぶあんには皮が残っています。

 

小豆の皮にはサポニンと呼ばれる栄養があり、免疫力アップやむくみ解消、肥満防止に役立つと言われています。

つぶあん こしあん 違い
(画像引用元:https://enfani.com

 

小豆にはビタミンB1が豊富に含まれ、疲労回復や肩こりの解消に役立つ効果があります。

ミネラルや食物繊維も豊富で、便秘解消や腸を整える働きも期待できます。

赤ワインよりも多くのポリフェノールが含まれているので、体を錆びさせない抗酸化作用が期待できます。

 

また、豆類である小豆には貧血予防に役立つ鉄分も多く含まれています。

つぶあんとこしあんの栄養の違いは皮があるかないかだけですが、その違いだけで栄養がこれだけ違ってきます。

スポンサーリンク

つぶあんとこしあんのカロリーの違い

小豆を原料とするつぶあんとこしあんですが、つぶあんの方がカロリーは皮があるので大きくなります。

  • つぶあん 244kcal
  • こしあん 155kcal
    ※100g当たりのカロリー

 

皮がないこしあんのほうが低カロリーですね。

ダイエット中だけれども甘いものを食べたい場合は、こしあんを選ぶといいですよ。

つぶあんとこしあんの栄養・カロリーの違いで決める?

甘いものを我慢すると気持ちが落ち着かないので、低カロリーのこしあんを少し食べるくらいならよさそうです。

 

カロリーが高いつぶあんですが、粒が残っているためよく噛むので満腹感が得られます。

つぶあんが好きな人は、少量をよく噛んで食べるといいですね。

 

洋菓子はバターやクリームなどで高カロリーになりがちなので、甘いものを食べたい時は和菓子を食べるようにしています。

 

カロリーだけを見てこしあんを選んでいましたが、つぶあんの食感も好きなのでよく噛んで食べるようにしようと思います。

 

みなさんも、ダイエットや栄養の観点から見て、つぶあん・こしあんを決めるのも良いかもしれませんよ?

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません