痛風というと、ビールが良くないというイメージがありますが、実はビールに限った事ではないって知ってましたか?

 

なんと、健康的な食品の代表格納豆や豆腐が良くないというのです!!

 

なぜ健康的な食品の代表格納豆や豆腐が良くないと言われてしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、豆腐が痛風に良くない理由について調べてみたのでご紹介します。

スポンサーリンク

痛風に納豆・豆腐がダメな理由?その他の食材は?

痛風とは?

痛風とは、尿酸が関節に溜まって結晶化してしまう病気です。

痛風 納豆はダメ
(画像引用元:http://sanko-clinic.com

 

尿酸の材料となるプリン体を多く摂取する事によって発症すると言われています。

 

最近の研究では食品から取り込まれるプリン体は全体の20%といわれ、残りの80%は細胞の新陳代謝やエネルギーの消費によるものと言われています。

 

また、プリン体は細胞の遺伝子に含まれている成分で、どんな食材にも少なからず含まれています。

 

そのため近年では痛風に罹患した場合でもプリン体を多く含む食品の取りすぎに気をつければいい、とされる事が多いようです。

 

目安として、1日に400mgまでのプリン体摂取は許容範囲とされる事がほとんどです。

プリン体を多く含む食品は?

100g辺り200mgプリン体を含む食品のことを「高プリン体食品」といいます。

 

代表的な高プリン体食品は以下の通り。

 

鶏レバー(312mg/100g)豚・牛でもレバーはプリン体が高め。

 

イワシの干物(305mg/100g)生のイワシは210mg/100gですが、干物にして水分が減るとプリン体が高くなります。

同様にアジの干物なども生よりも干物の方がプリン体が高くなります。

 

鰹節(493mg/100g)干物と同様に生のカツオでは211mg/100gですが、乾燥の過程でプリン体が高くなります。

 

プリン体は旨味成分の1つなので、干し椎茸、だしの素などにも多く含まれています。

 

エビ(270mg/100g)小エビでは少なめですが、大正えびや車えびなどでは高くなります。

 

ちなみに、ビールは良くないというイメージが強いですが、プリン体そのものは25mg/350ml(缶ビール1本分)とそれほど高い食品ではありません

 

他のアルコール類も大差はありません。

 

ところが、体がアルコールを分解した時に尿酸をたくさん排出しますのでお酒を飲む人は痛風の危険度が飲まない人の2倍になるとも言われています。

[char no=”1″ char=”芸能ヨシコ”]テキスト[/char]

納豆・豆腐は?

気になるのは納豆や豆腐は高プリン体食品ではないということで別に痛風で食べてはダメというわけではなさそうです

痛風 納豆はダメ
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

それではどうして痛風の人が食べてはいけないという情報があるのでしょう?

 

確実な根拠ではありませんが、その一つに乾燥大豆のプリン体含有量が理由と言えます。

 

乾燥大豆のプリン体含有量は172mg/100gと少し高め。

そのことから、大豆のプリン体が高いので納豆や豆腐も良くないと思っている人がいるのではないかと勘違いしたようです。

 

でも、実際に納豆は113mg/100g、豆腐は21mg/100gとそこまで高い数値ではありません。

 

納豆は1パックが50g程度なので、1日に4パックも5パックも食べなければ問題がない食品なのです。

 

逆に腸内環境を整えたり、尿をアルカリ性にして尿酸の排泄効果が期待できたりと、大豆製品は体にいいことずくめなので毎日適量を食べることはぜひ続けていきたいものです。

痛風に納豆・豆腐がダメはガセ?しっかり調べて自分のものにする!

食生活に少し気をつければ痛風を持っている人でも発作が起きることなく楽しい食事ができるんですね。

 

特に、納豆や豆腐などは痛風には良くないという説もありますがよく調べてみれば問題はなく、逆に痛風持ちの人でも健康的に過ごせるすごい食材です。

 

パッと目に飛び込んできた情報を鵜呑みにするのではなく、しっかり調べて自分のものにする力を持つことは大切ですね。

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません