サラダにサンドイッチに便利なツナ缶。

常備している家も多いでしょうね。

 

我が家では普段はオイル漬けのツナ缶を用意していますが、水煮のツナ缶もありますよね。

 

そんなツナ缶のオイル漬けと水煮ってどう違うのでしょうか?

 

ということで今回は、ツナ缶のオイル漬けと水煮の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ツナ缶のオイル漬けと水煮の違い

オイル漬けのツナ缶

オイル漬けのツナ缶は、オイルに漬けているのでコクや味わいが楽しめますが、高カロリーです。

ツナ缶 オイル漬け 水煮
(画像引用元:http://www.ito-foods.jp

オイル漬けのツナ缶は、魚の身をオイルに入れて低温加熱しています。

 

ツナ缶は1903年にアメリカで作られ、最初はオイル漬けのツナ缶です。

今でも海外ではオイル漬けのツナ缶がメインだそうです。

 

また多く含まれているDHAやEPAは頭が良くなる記憶力アップに効果が期待でき、血液サラサラ効果や認知症予防にも役立つので、子どもも大人も摂りたいですね。

 

たんぱく質は基礎代謝をアップさせる効果があるので、適度なたんぱく質はダイエットに必要です。

 

そんなツナ缶のオイル漬けは、オイルにツナの栄養が溶け込んでいるのでオイルと一緒に炒めたりパスタに和えたりするととてもおいしいです。

 

しかしオイルを使っているのでカロリーは高いです。

カロリーが気になる場合は、オイルを切ってから綱を食べるといいですよ。

スポンサーリンク

水煮のツナ缶

水煮のツナ缶は、水に漬けているのであっさりとした味わいが楽しめ、低カロリーです。

ツナ缶 オイル漬け 水煮 違い
(画像引用元:http://www.ito-foods.jp

アメリカ発祥のツナ缶のオイル漬けに対し、水煮のツナ缶は日本で生まれました。

 

水で煮た状態なので、低カロリーでありながら高たんぱく質で、ダイエットにはぴったりです。

 

油がないのでパサパサした食感だったり、コクが薄いように感じられますが、汁ごとスープにすればパサパサ感もなく、溶けだしたツナの栄養もしっかりと摂ることができます。

 

野菜たっぷりのスープなら、栄養バランスもよく、ダイエットで不足しがちなたんぱく質も補給できるのでいいですね。

ツナ缶のオイル漬けと水煮の違いは味わいとカロリーの差

オイル漬けはカロリーが高くなりますが、コクのある味わいでサラダやパスタと和えるだけでも食べられます。

 

水煮は日本発祥の缶詰で、カロリーを抑えつつ体に必要なたんぱく質が摂れる、素晴らしい食材です。

 

我が家には育ち盛りの子ども達がいるので、オイルと一緒にツナを使うことが多いですが、スープを作る時には水煮を使うと油切りする必要がなく便利です。

 

オイル漬けと水煮、どちらもストックしておくと便利ですね。

 

せばな~