ツナマヨやツナサラダ、ツナは子どもも大好き、便利なおかずですよね。

缶詰で保存も聞くので、常備している家庭も多いと思います。

 

でもね、買い物に行くとき、ツナを買ってきて、というよりもシーチキン買ってきて、と言ったりしませんか?

 

そんな、ツナとシーチキンの違いは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、ツナとシーチキンの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ツナとシーチキンの違いは?

ツナとは

ツナとは、英語でtuna、マグロを意味します。

ツナ シーチキン 違い
(画像引用元:http://chigai.dance

難しく言うと、スズキ目サバ科マグロ属に所属する、マグロやカツオなどの魚を使った加工食品のことです。

 

一般的には13~15種類もの魚がツナの原料になるそうです。

 

主な魚では

  • ビンナガマグロ 白っぽい身でアッサリしている
  • キハダマグロ  黄色っぽい身で柔らかく食べやすい
  • カツオ     赤い身で柔らかい

などが使われています。

 

油とスープに漬けたツナ缶と、水とスープに漬けたツナ缶があります。

水タイプは低脂肪低カロリーですが、油タイプの濃厚な味も捨てがたいですね。

 

身の形も、ブロック状の塊や、砕いたフレーク状のものがあります。

 

使う料理や好みによって、いろいろと使い分けることができます。

スポンサーリンク

シーチキンとは

シーチキンとは、はごろもフーズ(株)が製造販売している缶詰の一種です。

商標登録されているので、はごろもフーズ(株)しか使うことができません。

ツナ シーチキン 違い
(画像引用元:http://mikakukyokai.net

食感が鶏肉のササミに似ていることから、シーチキンとつけられたと言われています。

 

日本に出回っているツナ缶の半分以上がはごろもフーズ(株)の缶詰だったので、ツナ=シーチキンと思われているようです。

ツナとシーチキンの違いははごろもフーズ!

  • ツナ:スズキ目サバ科マグロ属の魚を使った缶詰。一般名詞。
  • シーチキン:はごろもフーズ(株)の商品名。商標登録。

と、つまり、はごろもフーズ(株)以外の会社が作ったツナ缶をシーチキンと呼ぶのは間違っていることになります。

 

そうか!ツナ缶買ってきて、と言われたらどのメーカーのツナ缶を買ってもいい。

シーチキンを買ってきて、と言われたらはごろもフーズ(株)のツナ缶を買ってくる。

 

と、いうことになりますが、そこまで意識しなくても良いでしょう(笑)

 

この他にも一般名詞と商品名、勘違いしているものがありそうです。

 

せばな~