毎朝の通勤が憂鬱な電車の中。

ですがその通勤時間に車内には必ずあるつり革でダイエットに使えるとしたら、ちょっとは楽しみな時間に変わりませんか?

 

そんな、つり革で出来るダイエット方法とは?

 

ということで今回は、つり革のダイエットの方法と効果を調査したいと思います。

スポンサーリンク

つり革ダイエットの方法・効果は?

足首、ふくらはぎを引き締める

【方法】

つり革 ダイエット
(画像引用元:https://www.zakzak.co.jp

  1. つり革をもって背筋を伸ばしお尻をキュッと持ち上げるイメージで引き締める
  2. 足を軽くクロスにしてから、ゆっくりとつま先立ちする
    ※クロスさせることで足首やふくらはぎに余計な負荷がかかり効果的
  3. ゆっくりとあげたかかとを今度はゆっくりとおろす
  4. かかとを床におろしきらずにそのまま上にあげる

上記の動作を10回ほど繰り返すとかなりの負荷がかかり、足首、ふくらはぎの引き締め効果が期待できます。

 

ポイントは急いで回数をこなすよりも、ゆっくりと負荷をかけることです。

クロスして行うのが難しければ、最初はまっすぐに立った状態でもOKですよ。

二の腕をほっそりさせる

【方法①】

つり革 ダイエット
(画像引用元:https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com

  1. つり革に対してまっすぐ立ち、腕を90度くらいでつり革を持つ
  2. ひじはそのままで上体を前に倒して、上腕三頭筋に体重をかける

 

この状態をキープすると負荷がかかって、上腕二頭筋を鍛えて二の腕を引き締めることができます。

さらに肩甲骨にも負荷がかかるので、肩こりの改善も期待できます。


【方法②】

つり革 ダイエット
(画像引用元:https://fytte.jp

  1. つり革を持ったのとは反対の腕でバッグを持ち、ひじを軽く曲げてゆっくりと二の腕を後ろに引く
  2. その状態で8秒待ったら、ゆっくりと腕を戻します。

 

肩はそのままでひじを後ろに曲げることで二の腕をほっそりとさせることができます。

スポンサーリンク

背中を鍛える

【方法】

  1. 足を肩幅に開き、つり革を持って息を吐きながらお腹を凹ませる
  2. つり革をつかんだ方のひじをわき腹にくっつけるように腕を体に引きつける
  3. 3回繰り返したら、腕を変えてまた3回行います。

肩甲骨や背中を意識しながら行うことで、背中がすっきりしてきます。

つり革ダイエットの方法でどこでも引き締め効果!

車内の状態でつり革を持てなかったり、混雑しすぎて腕を上げられない時もありますよね。

 

できる時に出来る状態でつり革を使って運動する、と考えればストレスなく続けることができます。

 

移動時間を使ってダイエットできるのがステキなつり革ダイエット。

何気ない風を装いながら実はダイエット中と言うのが嬉しいです。

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません