街のあちこちで見かけるラーメン屋さん。もはや日本食と言っていいほど、馴染みの風景ですよね。我が家の子ども達ももちろん大好きです。

 

ラーメン○○、が多いですが、中華麺○○というお店もありますよね。

ラーメンと中華麺って違うのでしょうか?ラーメンを漢字で書くと中華麺?

 

ということで今回は、中華麺とラーメンの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

中華麺とラーメンの違いは?

実は中華麺とラーメンは同じものです。

中華麺 ラーメン違い
(画像引用元:https://chigai-allguide.com

 

もともと中国で食べられていた麺料理が日本にやってきて、ラーメンとなりました。

 

明治初期の頃には、中国から来た麺料理を「南京そば」と呼びました。

日本に昔からある「そば」との違いを表現していますね。

 

明治中期の頃には、「支那そば」や「老麺」と呼びました。

戦後は、「中華そば」と呼びました。

 

そしてやっと「ラーメン」という呼び名が出てきたのは、昭和33年に発売の「チキンラーメン」が最初です。

中華麺 ラーメン違い
(画像引用元:https://i2.wp.com

 

インスタントラーメンの始まりであるチキンラーメンは当時、とっても時代の先端をいくおしゃれな食品でした。

 

チキンラーメンの普及と共に、世間にはラーメンと言う呼び名が定着していきました。

 

つまり同じだけどお店が作られた時代によって、ラーメン店だったり中華麺店だったりするのです。

スポンサーリンク

あえて違いを探すなら

ラーメン、と一口に行っても、しょう油味や塩味、味噌味などいろいろあります。

こってりタイプやさっぱりタイプもあります。

中華麺 ラーメン違い
(画像引用元:https://tblg.k-img.com

 

あえて時代以外の中華麺とラーメンの違いを探すとしたら、

  • 中華麺 あっさりしたしょう油味のちぢれた麺
  • ラーメン スープも麺も多種多様

といったところでしょうか。

 

ラーメンという大きなくくりの中の一つに中華麺がある。

そんなイメージでしょうか。

中華麺とラーメンの違いは無し?時代と共に呼び名が変わっただけ?

普段よく行くお店はラーメン屋さんですか?中華麺屋さんですか?

お店の創業年を聞いたら、名前の由来などが分かるかもしれませんね。

 

私の妹はラーメンは好きだが、中華麺は苦手、と言ってますが、お店やスープの違いで区別をしていたのでしょうか?

 

スープやトッピングなども時代を表しているかもしれないので、食べ比べしてみるのも楽しそうですね。

 

せばな~