疲れた時のチョコレートは気持ちがほっこりとして癒されますよね。

食べ慣れたチョコレートもいいのですが、たまには自分へのご褒美に高級ショコラを買うこともあります。

 

そんな、チョコレートとショコラの違いは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、チョコレートとショコラの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

チョコレートとショコラの違い

「チョコレート」と「ショコラ」は同じものを指しており、言語の違いだけです。

チョコレート ショコラ 違い
(画像引用元:https://lowch.com

 

チョコレートは英語で「chocolate」、ショコラはフランス語「chocolat」となっています。

 

日本では「チョコ」が定着しているため使われることが多いですが、「ガトーショコラ」等と名称で「ショコラ」も使われています。

チョコとショコラの呼ばれ方の使い分けは?

チョコレートとは、カカオの種子から採れるカカオマスが主な原料で、砂糖やココアバター、粉乳などを加えて練り固めたお菓子です。

板チョコやチョコチップはチョコレートと呼びます。

 

チョコレートを使って菓子職人(パティシエ)がトリュフなどの菓子に加工したものを、ショコラと呼ぶこともあります。

板チョコをショコラと呼ぶことはあまりありませんが、菓子職人が作ったスイーツもチョコレートと呼んだり、ショコラと呼んだりします。

スポンサーリンク

フランス語を含むとショコラ

日本ではショコラはチョコよりも馴染みがありませんが、フランス語やフランス発祥の菓子などには、以下のようにショコラを使うことが多いようです。

  • ガトーショコラ   gateau chocolat フランス語 ガトーとは焼き菓子、ケーキを指します。
    英語で言うとチョコレートケーキ chocolate cake
  • フォンダンショコラ fondant au chocolat フランス語 溶けるチョコレート
  • ショコラティエ   chocolatier フランス語 ショコラを使って菓子を作る人

 

ショコラの名前は最近日本に伝わったので、馴染みのあるチョコレートよりも高級なイメージがあるようです。

チョコレートとショコラの違いは言語!イメージで違う?

チョコレートは江戸時代に日本に伝わりました。

本格的に食べられるようになってきたのは明治時代からです。

意外と歴史があるのですね。

 

フランス菓子が日本でも出回るようになった最近、チョコレートではなくショコラと呼ばれる高級菓子を目にする機会も増えてきました。

 

チョコレートはスーパーでも売ってますが、ショコラは百貨店などの専門店が扱っているイメージですよね。

同じものを指すのですが、イメージ戦略からでしょうか。

ショコラのほうが高級と思い込んでいました。

 

濃厚なショコラも美味しいですが、シンプルな板チョコレートも美味しいです。

みなさんは、ショコラ・チョコレートとどちらを食べますか?

 

せばな~