暑いですね~こんな季節はツルツルっと食べられるうどんが美味しい。

いや寒い季節だってアツアツのうどんは美味しい。

 

年中美味しく食べられるうどんですが、日本3大うどんはどうなっているのでしょうか?

 

今回は日本人が大好きな「日本3大○○」のうどんについて紹介します。


スポンサーリンク

日本3大うどんとは?味や麺の違いは?

讃岐うどん(香川県)

日本3大うどん 違い
(画像引用元:https://www.heisei-car.jp

うどんと言えば讃岐うどんと言われるほど、すぐに思いつく讃岐うどん。

うどん県香川県のキャッチフレーズもありましたね。

 

【麺】

手もみ、足もみでこねられたコシのある生地を平らに伸ばして、包丁で切る太麺。

【味】

かつお節やいりこ、サバ節などを使った薫り高い上品な味わいのツユで、麺のしっかりとした歯ごたえを引き立ててくれます。

 

中国から帰った空海がうどんの作り方を持ち帰り、良質な小麦粉と塩の産地、讃岐でうどん文化が根付いたと言われています。

 

セルフのうどん屋さんや、トッピングがいろいろ選べるのも楽しい讃岐うどんです。

稲庭うどん(秋田県)

日本3大うどん 違い
(画像引用元:https://image1.shopserve.jp

今でこそ私たちも食べる事が出来る稲庭うどんですが、江戸時代には殿さまに献上されるほどの高級品。

庶民が食べる事はできなかったのです。

 

【麺】

こねた生地を二本の棒の間に通して伸ばしていく、手延べ方式で作られるのが特徴で、食感がなめらかになります。4日間も熟成と感想を繰り返して伸ばしていく、細麺。

【味】

冷やして食べるざるうどんでは、ごまだれなど好みによっていろいろなタレや具材をプラスします。
つけ麺として食べる事が多いですが、寒い季節には鍋にもよく使われます。

3つ目は?

3大○○で悩むのが3つ目です。

うどんの場合、五島うどん(長崎県)や水沢うどん(群馬県)、きしめん(愛知県)などが候補に挙げられます。

五島うどん(長崎県)

日本3大うどん 3つ目は
(画像引用元:http://photohito.k-img.com

遣唐使の時代に中国から伝わったと言われています。讃岐うどんと似ています。

 

【麺】

手延べ方式で作られる麺は、細くてプルンとした食感があります。
麺を打つときに椿油を使っているのも特徴で、五島うどん独特のツルンとした食感は椿油のおかげかもしれません。

【味】

トビウオを使った「あごだし」のツユで食べるのが特徴です。
釜茹でうどんをツユにつけて食べます。

水沢うどん(群馬県)

日本3大うどん 3つ目は
(画像引用元:https://odesupo.jp

水澤寺で参拝者向けに振る舞ったのが始まりと言われている水沢うどん。

伊香保温泉街の近くには水沢うどん街道があります。

 

【麺】

手打ちで作られる麺は、讃岐うどんのようなコシと稲庭うどんのようなのど越しの良さを持つ、食べやすい麺。

【味】

冷やしてつけ麺として食べる事が多く、ごまだれや醤油たれなどいろいろな味付けで楽しむことができます。

スポンサーリンク

きしめん(愛知県)

日本3大うどん 違い
(画像引用元:https://cdn-ak.f.st-hatena.com

名古屋地方でよく食べられるきしめん。

初めて見た人は、その太さにびっくりするかもしれません。

味噌煮込みうどんも合います。

 

【麺】

平べったくて太いのが特徴。厚み1㎜、幅7~8㎜が一般的な太さです。
太いのに茹で時間は短く、弾力が強いのも特徴です。

【味】

ムロアジ節から濃い味のツユを取ります。溜まり醤油といわれる濃い味の醤油で濃い味のツユを作ります。
麺が太いので、パンチの利いたツユで食べるとよく合います。

日本3大うどんとは?味や麺の違いと様々!

私は関西なので、うどんと言えば讃岐うどんですが、地域によってイメージするうどんは変ってくるでしょうね。

 

讃岐うどん、稲庭うどん、はどのランキングを見ても不動の地位を築いていますが、3つ目が難しい。

 

私ならきしめんは食べたことあるけど、水沢うどんは食べたことがないのでランキング外?

 

でも食べたことがないからランキング外ってもったいないですよね。

一度は食べてみて、自分なりの3大うどんを探してみるのも楽しそう。

 

せばな~