今年は梅干しを自分で漬けましたが、はっきりと固い梅干しが出来てしまいました。

 

そんな、固くなった梅干しを柔らかく作る方法はあるのでしょうか?

 

ということで今回は、固くなった梅干しを柔らかくする方法を調査したいと思います。


スポンサーリンク

固くなった梅干しを柔らかくする方法は?固い時の対処法!

梅酢に漬ける

梅干し 固くなった
(画像引用元:http://soyo-rin.nexcy.jp

土用干しして乾かした梅は梅酢と別にして保管していますよね。

 

しかし梅干しが固くて、しばらく放置していても柔らかくならない!そんな時はもう一度梅酢に漬けてみましょう。

固かった梅干しが梅酢を吸って柔らかくなるはずです。

 

梅が柔らかくなったら梅酢から取り出して保管してもいいですし、そのまま梅酢に漬けたままでもOKです。

 

柔らかすぎる梅干しにはなりませんので、安心してください。

梅が熟していなかった

梅干し 固くなった
(画像引用元:http://www.kangaeruoyaji.net

梅干し用として売っている梅でも、完熟度合いが違います。

 

梅シロップを作る時は青い梅を使いますが、梅干しにはやや熟してきた黄色み帯びた梅が適しています。

 

もし今回青い梅を使って梅干しをつけていたのなら、来年はちょっと待ちましょう。

 

甘~い香りがするような、黄色く熟してきた梅で梅干しを作ると、柔らかくおいしい梅干しができます。

スポンサーリンク

土用干し

去年漬けた梅が固いのなら、土用干ししてみましょう。

梅干し 固くなった
(画像引用元:http://smile-gohan.com

 

7月20日から8月7日頃の間で、雨が降る心配のない晴れが4~5日続く日を選びます。

 

土用干し専用の「えびら」というざるがありますが、なければ金属ではないざるを用意します。

 

コツは日が昇る前から干すこと。ざるに梅を並べて天日に当てます。

 

昼頃梅をひっくり返してください。

夕方4時頃にはいったん取り込みましょう。

 

二日目も日が昇る前から干しますが、昼間にひっくり返した後は、そのまま軒下などで夜を迎えます。

夜露に当てることで梅が柔らかくなります。

 

3日目も天日に当てて、昼間ひっくり返す、夜はそのまま外で夜露にあてます。

太陽の熱と夜露で梅の実や皮が柔らかくなりますよ。

固い梅干しを柔らかくする方法で固くなっても大丈夫!

また、土用干しの時間が長すぎたり、コンクリートの上で干すと水分が飛び過ぎてしまいます。

 

私も母に聞いてみたら、梅干しが固い場合は梅酢に漬けておいたらいいと言われました。

 

みなさんも、固くなった時も、上記の方法で柔らかさを復活させてみましょうね!

 

せばな~