実は後ろ向きに歩くことでダイエットになるそうです。

後ろ向き?ってよく分からないのですが、痩せられるのなら知りたい!

 

そんな、後ろ歩きに歩くだけで出来るダイエットの方法や効果は?

 

ということで今回は、後ろ歩きダイエットとはどんなもので、その効果と方法を調べてみました。


スポンサーリンク

後ろ歩きダイエットとは?方法・効果は?

後ろ歩きダイエットとは?

後ろ歩きとは、その名と通り、後ろ向きに歩くダイエット方法です。

後ろ歩きダイエット 方法
(画像引用元:https://topic.yaoyolog.com

試しに後ろ向きに歩いてみてください。

普段歩くのとは違う筋肉を使っていることに気づくと思います。

普段使わない筋肉を使う、これが後ろ歩きダイエットの効果です。

後ろ歩きダイエットの方法

後ろ歩きをする時は、足のひざを軽く曲げてかかとを後ろに踏み出します。

着地するときは、足の裏全体で着地するようにしましょう。

両腕は軽く曲げて、歩幅は普段の半分くらいを意識します。

足の動きに合わせて、腕も軽く振りましょう。

 

最初は100歩くらいから、ゆっくり始めるのがコツです。

後ろに危険なものがないことを確認してから始めてくださいね。

後ろ歩き10分で、前歩きのウォーキング20分の効果があると言われています。

スポンサーリンク

後ろ歩きダイエットの効果

後ろ歩きダイエットは下半身を鍛え、脂肪燃焼効果が期待できます。

 

後ろ向きダイエットは、すねの前脛骨筋や太腿二頭筋や大殿筋が鍛えられます。

さらに深い場所にある筋肉、インナーマッスルを鍛えることができます。

 

そして、前歩きだけでは使わない筋肉を使うことで、下半身の筋肉をバランスよく使うことができ、脂肪燃焼効果が期待できます。

 

最初は歩きにくいですが、続けていくことで足の筋肉がバランスよく鍛えられ、カロリーも効率よく消費できるようになります。

 

さらにX脚やO脚の改善にもなるので、足が引き締まって見えてきます。

後ろ歩きダイエットとは?正しい姿勢方法で効果発揮!

部屋の中で30歩ほど後ろ歩きしてみたのですが、なんだか足が疲れますね。

それだけ普段使っていない筋肉を使っている、と言うことなのでしょう。

 

後ろ歩きをする時は、背筋を伸ばしてひざを上げるように歩くとより効果が期待できます。

なんといっても後ろ向きで歩くのは、後ろが見えないというデメリットがあります。

 

すれ違った人はびっくりしていたようですが、背後や足元に注意しながら、こけないように後ろ歩きダイエットを楽しんでくださいね。

 

せばな~