お料理には欠かせない調味料、しょうゆ。どのご家庭でも必ず1本はある調味料ですよね。

 

我が家も常備していますが、ある日スーパーで特売だったからと主人が買ってきたのが薄口醤油。

いつもの醤油より色が薄いな、と思ったら、私が使っているのは濃口醤油。

 

今まで意識したことなかったですが、薄口醤油と濃口醤油って色以外に違いはあるのでしょうか?

 

ということで今回は、薄口醤油と濃口醤油の違いと使い分け方、代用できるのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

薄口醤油と濃口醤油の違いや双方で代用方は?使い分け方は?

薄口しょうゆと濃口醤油の違い

薄口しょうゆと濃口醤油、パッと見て色の違いは、色の濃さと塩分の濃さで以下のようになっております。

  • 薄口醤油:色が薄くて、塩分濃度が濃い。塩分約18%
  • 濃口醤油:色が濃くて、塩分濃度が薄い。塩分約16%

薄口醤油と濃口醤油の違い
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

色が濃いと塩分濃度も濃いように感じますが、濃口醤油の方が塩分濃度は薄いのですね。

薄口醤油と濃口醤油の使い分け方

薄口醤油と濃口醤油は以下のように使い分けて下さい。

  • 薄口醤油:塩味があり、あっさりとした味わい。素材を味を活かしたい料理に向く。
  • 濃口醤油:コクと深みがあり、まろやかな味わい。どの料理でも合う。

 

コクを出したい料理には、濃口醤油、あっさりと仕上げたい料理には、薄口醤油が合います。

 

また色の濃さは料理の見た目を左右します。

 

出汁巻き卵は薄口醤油でさっぱりと仕上げたいですが、濃口醤油だと色が濃くなってちょっと美味しくなさそうに見えます

煮物は濃口醤油でまろやかな味わいに仕上げたいですが、薄口醤油だと色が薄くて味が沁み込んでいないように見えます。

 

実際に食べた時の味わいも大切ですが、食べる前の見た目も重要ですよ。

スポンサーリンク

濃口醤油と薄口醤油と双方での代用方法

醤油を2本も置く場所がない、そう言う方もいますね。

そこで簡単に代用する方法を紹介します。

薄口醤油がない場合の代用

濃口醤油を水で薄めて、塩少々をプラスします。

濃口醤油 小さじ1/2+塩少々=薄口醤油 小さじ1 くらいの割合ですね。

それでも料理の仕上がりに違いがあるのは仕方ありません。

濃口醤油がない場合の代用

濃口醤油を薄口醤油で代用するのは難しいです。

薄口醤油の量を増やしても色は変りません。

 

塩分を控えめにすることで塩分量は近づくと思いますが、色は濃く出来ないです。

 

そのため、常設するならば薄口醤油の代用ができる濃口醤油にしたほうがよいです。

薄口醤油と濃口醤油の違い!代用は薄口のみ?

薄口醤油と濃口醤油の違いは、色と塩分濃度の違いです。

 

ちなみに料理本に醤油と書かれている場合は、濃口醤油を指します。

 

関東では濃口醤油、関西では薄口醤油を使う家庭が多いようですが、自分のなじんだ味が一番美味しいと感じる味です。

 

我が家では普段は濃口醤油を使いますが、出汁巻き卵を作る時には薄口醤油を使います。

 

どっちの味が自分に合うか、試してみるのも楽しそうですね。

 

せばな~