お土産に「ういろう」をいただきました。子どもと一緒に食べようとしたら、「これは色違いの羊羹だね」と言って美味しそうに食べています。

 

う~ん、ういろうと羊羹の違いって色だけじゃないような気がする。

ついでに言えば、四角いきんつばも定番の和菓子ですよね。

 

そんな、ういろう、羊羹、きんつばの違いは?

 

ということで今回は、ういろう、羊羹、きんつばの違いについて調べてみました


スポンサーリンク

ういろう・羊羹・きんつばの違い

ういろうとは

ういろうとは、外郎と書き、米粉や砂糖、水を練り合わせて、型に入れて蒸したものです。

ういろう 羊羹 きんつば 違い
(画像引用元:https://static-mercari-jp-imgtr2.akamaized.net

 

米粉の代わりに小麦粉やわらび粉を使ったういろうもあります。

 

季節に応じで色を変えたり、栗や抹茶を加えたりと、バリエーションが豊富です。

 

もっちりとした食感が特徴で、あっさりとした甘さがあります。

羊羹とは

羊羹とは、寒天を水で溶いた寒天液の中に、餡や砂糖を加えて練ったものです。

ういろう 羊羹 きんつば 違い
(画像引用元:https://lowch.com

 

型に入れて固めるため、棹物菓子とも呼ばれます。

 

今の様な羊羹が作られるようになったのは、江戸時代半ばと言われていて、そのころからほとんど変わらない方法で作られています。

 

水分の多い水羊羹や、蒸した蒸し羊羹など、いろいろな羊羹が作られています。

スポンサーリンク

きんつばとは

きんつば(金つば)とは、四角に切った餡に、水で溶いた小麦粉をつけて焼いたものです。

ういろう 羊羹 きんつば 違い
(画像引用元:https://shop.r10s.jp

 

もともと京都で米粉を溶いた液を餡につけて焼いた「銀つば」がありました。

 

享保年間に江戸に伝わり、小麦粉を溶いたものをつけて焼くようになったことから、きんつばと名前を変えました。

 

丸いきんつばもあり、形が刀の鍔(つば)に似ているので、きんつば(ぎんつば)と呼ぶようになった、という説もあります。

ういろう 羊羹 きんつば 違い
(画像引用元:https://c-ippin.gnst.jp

ういろう・羊羹・きんつばの違いは色々!

ういろうも羊羹もきんつばも、スーパーで手軽に手に入るなじみ深い和菓子ですね。

 

羊羹が余ったら、衣をつけてきんつばに変身させることもできるそうです。

 

余ることはありませんが、自宅できんつばを焼いてみるのも楽しそうですね。

 

せばな~