ダイエットしたいのならウォーキングが手軽でいいよと勧められたのですが、ウォーキングってただ歩くだけでいいのでしょうか?

 

そんなウォーキングで出来るダイエット方法とは?

 

ということで今回は、ウォーキングでダイエットの方法について調べてみました。


スポンサーリンク

ウォーキングのダイエット方法!

正しい姿勢で歩く

歩くだけですが、正しい姿勢で歩きましょう。

ウォーキング ダイエット方法
(画像引用元:https://www.sukoyakanet.pref.nara.jp

  • 頭を左右に動かさず、軽く顎を引いて10M先を見るようにする
  • 軽くひじを曲げ、腕を大きく振って歩く
  • 背筋を伸ばす
  • 親指の付け根で地面をグッと押すイメージで歩く
  • 呼吸を整えて、無理のないスピードで歩く

継続が大事

ウォーキングでダイエットするために大事なことは、継続することです。

 

体重60kgの人が時速4kmで30分歩くと、90kcal消費します。

さらにウォーキングをした後は代謝がアップするので、歩いていなくても体内のカロリーを消費することができます。

 

歩いた後の体がポカポカしているのは、代謝がアップしてカロリーを消化しているからです。

痩せやすい体を作るためには、継続して歩くことが大切です。

 

最初は週に3回程度から始めるのでも大丈夫です。

20分以上歩くとより効果的ですが、時間がなければ5分でも10分でも歩きましょう。

食前に歩く

ウォーキングでダイエットに適した時間は食事の前です。

 

お腹が空いた時間ですが、歩く30分前にバナナなどの果物やヨーグルトの吸収しやすいものをちょっと食べてから歩きましょう。

 

食前は血液中の糖分が少ないため、効率よく脂肪を燃やすことができるので、ダイエットにはぴったりです。

ウォーキングシューズを活用

ウォーキングに適したウォーキングシューズがあります。

ランニングシューズよりやや重く、スムーズに足を動かすのに適したようにわざと重く作られている靴です。

お気に入りの靴を履いて歩くと気持ちも盛りあがります。

3食しっかり食べる

ダイエット中だからと言って、食事を抜いては逆効果です。

ウォーキングで基礎代謝をあげて消費カロリーを増やすことで痩せられます。

 

基礎代謝量をアップさせるためには筋肉を育てる必要があり、筋肉は食事によって育ちます。

食べすぎはいけませんが適度にしっかりと3食食べる事は、ダイエットにつながります。

ウォーキングも方法を知ればダイエット!

なんとなく歩いていた私ですが、背筋を伸ばして腕を振って歩く、を意識してみると、今までより汗をかくようになりました。

歩き終わった後も体が温かいように感じます。

 

代謝がアップしているのかな?

このまま続けて目指す体重に近づけたらいいな。

 

みなさんも、普段の歩くのも上記のポイントを抑えてダイエットに役立てましょう。


【ウォーキングダイエットおすすめ商品】

日常生活だけでスリムボディを手に入れる リバウンドしない体作り【HMB】
1日プロテイン7杯分のHMB 美ボディ

膝周りを安定させ負担を軽減
坂本トレーナーのぐんぐん歩ける膝らくサポーター

使うだけで疲れにくい歩行補整インソール「ウォーキングティーチャーインソール」
⇒<疲れにくい歩き方をサポートする補整インソール


せばな~