寒くなってくると食べたくなる焼いも。

スーパーでも焼いていますし、グリルでも簡単に焼くことができます。

 

普段は焼いもの皮をむいて食べていますが、剥きにくい時は皮ごと食べることもあります。

 

そんな焼き芋の皮って食べても大丈夫なんでしょうか?

何か栄養があるのなら嬉しいのですが、皆さんはどうしていますか?

 

ということで今回は、焼き芋の皮ごと食べられるのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

焼き芋を皮ごと食べる?栄養はある?

焼き芋の皮は食べられる?

焼き芋の皮は農薬が残りにくく、食べても大丈夫です。

焼き芋 皮ごと食べる
(画像引用元:https://s.eximg.jp

 

さつまいもは土の中で育つので、農薬が残りにくい野菜です。

 

また農薬のほとんどは水に溶ける性質があるので、焼く前にさつまいもをしっかりと洗って水気をふき取るとより安心できます。

焼き芋の皮の栄養

ホクホクと美味しい焼き芋ですが、さつまいもの紫色の正体はポリフェノールです。

 

さらに焼き芋の皮にしかない栄養である、

  • アントシアニン 血行が良くなり冷え予防に役立ち、アンチエイジング効果もあります。
  • クロロゲン酸  シミの予防や脂肪燃焼効果が期待できます。

があるので、捨ててしまうのはもったいないです。

 

さらに皮には実よりも、

  • 食物繊維 成長効果のある
  • カルシウム 肌の保湿効果を高める
  • ビタミンB1 脂肪燃焼効果のある
  • ビタミンC 美白効果のある

と、多くの美容成分が含まれています。

これらは、さつまいもの中身よりも皮の方にたっぷりと含まれているのです。

 

焦げた皮も食べて問題ないですが、固かったりあまり美味しくなかったりするので、そこは避けて、美味しい部分だけ食べてもいいですね。

 

また、コゲはガンになると言われますが、野菜のコゲは問題ありません。

ただ美味しくないのに無理して食べるのは止めた方がいいですよ。

焼き芋の皮ごと食べれるし栄養たっぷり!

ホクホクのさつまいもはとっても美味しいですが、周りの皮にも栄養が豊富に含まれています。

 

今まで焼き芋は皮をむいて食べるものだと思っていましたが、美容成分がたっぷり詰まっていたなんて、もったいないことをしていました。

 

みなさんも、きれいな私になるために、今日からは皮ごと焼いもを食べてみませんか?

 

せばな~