夏の暑い時期や冬の寒い時期には食べ物の保管に気を遣いますよね。

 

買って来たものはとりあえず冷蔵庫へ、と思っていたのですが、なんとびっくり。

冷蔵庫には入れない方がいい野菜があるそうです。

 

なぜ野菜を冷蔵庫に入れないの?痛まない?

 

ということで今回は、冷蔵庫に入れない野菜と、どうして冷蔵庫に入れないのか理由を調べてみました。


スポンサーリンク

冷蔵庫に入れない野菜の理由は?保存方法は?

冷蔵庫に入れない理由

冷蔵庫は適した温度で管理してくれるので、買ってきた野菜は冷蔵庫に入れるものだと思っていたのですが、実は冷蔵庫に入れない方がいい野菜があるんです。

野菜 冷蔵庫に入れない
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

野菜を美味しく保存しようと思えば、野菜が育ってきた環境に近いことがベストです。

そのため、南国や熱帯原産の野菜にとって冷蔵庫は寒すぎるんです。

 

低温環境によって冷蔵障害を起こすので、冷蔵庫に入れない方が長持ちします。

 

温度が一定に保たれて、直射日光が当らない風通しのいい場所に保管しましょう。

 

ただし、これは丸ごと野菜の場合で、カットした野菜は切り口から傷みますので冷蔵庫に保管して早めに調理しましょう。

 

最近の冷蔵庫には、野菜室が用意されているものがあります。

冷蔵庫は2~6℃設定が多いですが、野菜室はやや高めの3~8℃位の設定が多いです。

 

風通しのいい冷暗所がない場合は、野菜室に保管する方がいいですね。

スポンサーリンク

冷蔵庫に入れない野菜

  • きゅうり
  • ピーマン
  • かぼちゃ
  • なす
  • ジャガイモ
  • 玉ねぎ
  • さつまいも
  • 里芋

上記が基本的に冷蔵庫に入れない野菜です。

 

ジャガイモや玉ねぎなどの根菜類は確かに常温保存してますね。

 

きゅうりやピーマン、かぼちゃになすも冷蔵庫に入れていました。南国出身なので丸ごとなら常温保存でOKです。

 

カット済のかぼちゃは冷蔵庫か、あれば野菜室に入れて早めに使いましょう。

冷蔵庫に入れない野菜を見極めて正しい湿度・温度で保存!

ナスを冷蔵庫に入れて、シナシナにしてしまったことがあります。

 

悪いナスだったな、と思っていたのですが、実は私の保存方法が悪かったのですね。

 

保存する場所がない場合は、新聞紙やポリ袋に野菜を入れて冷蔵庫に入れるしかありません。

 

また、冷蔵庫の機種によっても温度や湿度が違います。

 

自分で設定できる冷蔵庫もあるので、野菜の傷みが早いと思ったら一度見直して見てはいかがですか?

 

せばな~