鯛のカルパッチョを食べながら、料理の話になりました。

カルパッチョのように生の食材を食べる方法で、ユッケがあるけど、あれって生肉だけ?

アジのたたきってあるけど、どういう状態がたたき?

 

どれも生の素材を扱っている、ユッケ、カルパッチョ、たたきの違いは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、ユッケ、カルパッチョ、たたきの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ユッケ、カルパッチョ、たたきの違い

ユッケとは

ユッケとは、韓国の肉料理で、生肉をゴマ油や塩、生姜やニンニクなどの調味料で和えて、卵黄と一緒に食べる料理です。

ユッケ カルパッチョ たたき 違い
(画像引用元:https://upload.wikimedia.org

 

13世紀半ばに朝鮮半島がモンゴル帝国に支配されたときに出来た料理と言われています。

 

生肉だけでなく、マグロなどの魚介類をごま油で和えた、ユッケ風の料理も人気があります。

カルパッチョとは

カルパッチョとは、イタリアの料理で、牛肉の薄切りにオリーブオイルやチーズなどをかけた前菜です。

ユッケ カルパッチョ たたき 違い
(画像引用元:http://mikage-madame.cocolog-nifty.com

 

画家のヴィットーレ・カルパッチョが好んだから説や、彼の作風である赤が基調となっている絵と生肉の赤色が似ているからその名がついたとも言われています。

 

日本では生肉よりも魚介類を使うことが多く、素材名をつけて呼ぶことが多いです。

 

鯛のカルパッチョやホタテのカルパッチョなどは日本発祥のカルパッチョです。

スポンサーリンク

たたきとは

たたきとは、素材を包丁でたたく料理法です。

アジやイワシなどの小魚を骨ごと叩いて生姜で和えたり、ゴボウやキュウリを叩いてゴマ油であえるなどの料理があります。

ユッケ カルパッチョ たたき 違い
(画像引用元:https://cdn.zexy-kitchen.net

 

かつおのたたきも有名で、カツオの身を皮ごと強火で焼いて焦げ目をつけて、ニンニクや生姜で味付けし、包丁の背で叩いて味をしみこませています。

ユッケ カルパッチョ たたき 違いは国!

ユッケもカルパッチョもたたきも、素材は生です。

 

生肉をごま油などで和える、ユッケ。

薄く切った生肉や魚介類をオリーブオイルで和える、カルパッチョ。

野菜や魚を包丁で叩く、たたき。

どれも素材の味が生きていて美味しいですね。

 

我が家でも生肉はあまり食べないので、カルパッチョやたたきの出番が多いですね。

 

みなさんも、様々な素材は生料理を作ってみてはいかがでしょうか?

 

せばな~