子どもの頃、4月の温かい日にワラビ採りに行って一生懸命ワラビを取っていたら、実はワラビではなくゼンマイだった、なんてことがありました。

 

どちらも春に味わえる山菜ですが、見た目が良く似ている「ゼンマイ」と「ワラビ」はどう違うのでしょうか?

 

ということで今回は、「ゼンマイ」と「ワラビ」の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ゼンマイとワラビの違い

ゼンマイ(薇)とは

ゼンマイは渦巻き状の芽が1つあり、あくが強いので何度もあく抜きが必要で、すぐには食べられないのが特徴です。

ゼンマイ ワラビの違い
(画像引用元:https://inakasensei.com

ゼンマイはゼンマイ科ゼンマイ属のシダ植物で、山の渓流のそばや水が流れているそばに生えています。

日陰で湿っている場所に生えていますが、点々と生えるのでちょっと見つけにくいです。

 

大きな渦巻き形の芽が一つだけあるのが特徴で、深い緑色か茶色で細かい毛におおわれています。

 

新芽は食用に使われますが、あくが強いのです。

 

そのため、あくを抜いて、揉んで乾燥させてまたあく抜きを数回繰り返したりと、すぐには食べられないのが難点です。

 

しかし、乾燥させると長期保存することが出来ます。

 

ゼンマイには「男」「女」があり、葉が膨らんでいるのは「男ゼンマイ」葉が膨らんでいないのは「女ゼンマイ」です。

ゼンマイ ワラビの違い
(画像引用元:http://inaka-pipe.net

ちなみに、「女ゼンマイ」のほうが美味しいとのことです。

スポンサーリンク

ワラビ(蕨)とは

ワラビは小さな芽が3つあり、あく抜きが必要で、あくを抜いたらすぐに食べられます

ゼンマイ ワラビの違い
(画像引用元:https://lowch.com

ワラビはシダ目コバノイシカグマ科ワラビ属のシダ植物です。

日当りのいい原野や谷地、草原などに乾いた場所に生えており、1本見つけたら、周囲をよく見るとあちこちに生えています。

 

新芽は食用に使われ、緑色と紫色の芽があり、紫色のほうが味が良いと言われています。

 

ワラビにはプタキロサイドという発がん物質が含まれているので、あく抜きが必要です。

 

しかし、あくを抜いた後は、ゼンマイと違ってすぐに食べられます。

 

ちなみに、ワラビの根を水にさらして取り出したのが「ワラビ粉」で、ワラビ餅の材料となります。

ゼンマイとワラビの違いを知って春を味わおう!

4月頃から採れるゼンマイとワラビ。

我が家では採ってきたワラビを、母が下処理をしてワラの灰であく抜きをしていたのを覚えています。

 

ゼンマイは何度もあく抜きをしないといけないので、ちょっと大変そう。

ワラビもゼンマイも春にしか味わえない食材なので、しっかりと味わいたいですね。

 

せばな~